女性のコンサートスタッフ

女性の採用が難しい職種

求人条件に明記されることは少ないですが、重い機材の移動や運搬が伴う職種では女性の採用は難しいでしょう。

音響エンジニアやローディー、大道具担当、設営スタッフなどがこれに当たります。

音響については、女性ならではの繊細な感性や勘の鋭さは役立つはずですが、1秒でも早くスピーカーの位置や向きを変えるような対応が求められる会場においては敬遠されてしまうようです。

現場の音響エンジニアよりも、音響プランナーやスタジオで働くレコーディングエンジニアの方が女性には向いています。

レコーディングエンジニアの仕事

女性が活躍できる職種

会場の入口で観客のチケットをチェックする受付担当や、パンフレット・キャラクターグッズなどを販売する物販担当は、ほとんどが女性です。

また、楽屋で出演者やスタッフに食事を届けたりサービスしたりするケータリング担当も女性の方が圧倒的に多数です。

こうした職種においては、気配りや接客に適していることから、女性が優先的に採用されていると考えられます。

舞台演出にかかわる中では、照明エンジニアと映像エンジニアが、努力しだいで女性にも男性と対等に進出のチャンスがある職種です。

照明機材は会場に備え付けられているものや比較的軽いものが多いこと、映像機材は舞台にセットされているものが多く、実際に扱う機材はパソコンやプロジェクターくらいであることが理由に挙げられます。

とくに照明には、微妙な色の組み合わせや感情を左右する演出効果が求められるため、感性豊かな女性にとっては、活躍しやすい職種といえるでしょう。

結婚、出産後も続けられるか

受付や物販はほとんどの場合、派遣会社から派遣されるため、ほぼ20〜30代前半の若いスタッフが選ばれています。

単発が多いことからも、子育て中の若いお母さんにとってはシフトに入りやすいアルバイトだといえます。

対して、エンジニアの仕事を子育て中にも続ける場合はフリーランスの形態となり、受注すること自体の難しさが伴います。