コンサートスタッフ吉田彩さん、島田直樹さん

<吉田さん> 1989年2月生まれ。高校卒業後、飲食業界で勤務。22歳のときに(株)ライブパワーでのアルバイトを始め、2014年に同社へ中途入社。「制作部 MDルーム」所属。

<島田さん> 1991年5月生まれ。大学在学中に(株)ライブパワーでのアルバイトを経験。2014年に同社へ中途入社。「警備部 警備2グループ」所属。

HP:株式会社ライブパワー

お二人がコンサートスタッフの仕事を始めたきっかけを教えてください。

島田:学生時代から音楽が好きだったので、大学在学中にライブパワーで3年ほどアルバイトをしていました。コンサートに関われる仕事に魅力を感じたんです。

そのアルバイトがどんどん楽しくなって、のめりこんで行く内に、今の上司から社員になることを薦められ入社しました。

吉田:私は以前からライブに行くのが好きで、コンサートスタッフの仕事には興味を持っていました。
高校を卒業してからは飲食業界で働いていたのですが、コンサートスタッフは若いうちしかできないのではないかと思い、「挑戦するなら今のうち!」と決意しました。

22歳のときにライブパワーでアルバイトを始め、2年後には島田さんと同じく社員になりました。

お二人の現在の仕事内容について教えてもらえますか?

島田:「コンサートスタッフ」と言っても、さまざまな仕事があります。

僕は「警備部」という部署に所属し、関東近郊でコンサートが開催される際の会場警備や運営業務に携わっています。

会場設営、楽器や機材の運搬、楽屋受付、グッズ売場設営、お客様に配布するチラシの折り込み作業などを行うスタッフの手配や、現場での指示をすることが社員の仕事です。

公演中に事故が起きないように、アルバイトスタッフの配置を決め、備品の手配をし、スムーズに公演が進むよう主催者との打合せを経て当日を迎えます。

吉田:私は「制作部」の「MD(マーチャンダイジング)ルーム」という部署に所属し、主にコンサート会場におけるマーチャンダイジング全般の管理をしています。

具体的に言うと、全国各地で開催されるコンサートのグッズ売場で、アルバイトスタッフへの指導、現金管理、在庫管理、売場管理などを行っています。

ちなみに、コンサートの売り上げの大半を占めるのは、グッズ販売なんです。

社内で仕事をしている日もあるのですか?

島田:はい、コンサートは平均して週に2本程度、多いときは週に4~5本あるときもありますが、現場に出ていないときは社内でデスクワークなどをしています。

吉田:私の場合は関東だけでなく、地方の会場での仕事もあるので1週間オフィスに出社しないというときもあります。社内では数カ月先に予定されているコンサートの準備などもしています。