コラムニストのつらいこと、大変なこと

時間に追われる

コラムニストは、コラムを執筆する人という意味では、新聞社や出版社などのなかにも存在することになりますが、一般的にはフリーランスで活躍する人が多いのではないでしょうか。

いずれにしてもほとんどの場合、原稿を納品する締切が設定されていますから、コラムを執筆する時間は非常にかぎられています。

そのため数多くの仕事を抱えるほど時間に追われるようになります。

フリーランスのコラムニストは自分自身で仕事の時間を設定することができますが、たくさんの仕事を果たそうと考えると、結果的に休みがなかったり、長時間働いたりすることも珍しくありません。

あるいは休みの日や執筆していないときでも、コラムのネタを探したり考えたりしがちです。

仕事と日常の境がなくなってしまうのは、もはや職業病のような苦労といえるかもしれません。

信用や保障がない

また、フリーランス(個人事業主)のコラムニストの場合、一般的なサラリーマンに比べると自由な面が多いのは事実ですが、そのぶん社会的信用や生活保障はありません。

会社員であれば受けられる待遇がそなわっていませんから、長期的な生活設計や老後の安定などはなかなか望めないかもしれません。

もっとも不安なのは病気などをして仕事を休まざるを得なくなったとき、収入がなくなるということではないでしょうか。

また収入がなくなることをおそれて体力的に負担がかかるまで働いてしまうこともあるといいます。

ただし働き方が多様化するにつれて、フリーランスにも対応した保険なども増えていますから、無理をしてしまうことがないよう自己管理する必要があるでしょう。

認められないと仕事がない

コラムニストはコラムを書くという好きなことを自由な環境でできるというメリットがありますが、実際に原稿を依頼してくれる出版社などがなければ仕事になりません。

あるいはこれまで原稿を依頼してくれていた出版社から継続を断られることもあります。

原因は出版社側の都合という場合もありますが、そうでなければコラムニストの実力不足によると考えられます。

感情的につらいうえに、仕事がなくなると収入がなくなりますから、生活面で苦労することになります。

ただ落ち込んでいてもどうにもなりませんから、気持ちを切り替えて新たな仕事を得る努力をすることが重要です。