コラムニストになるための学校、スクール、講座

どんな学校に行けばいいか?

コラムニストになるためには、どのような学校に行けばいいでしょうか。

実際にコラムニストとして活躍する人の経歴から考えますと、いくつかの傾向はあるものの学歴はとくに関係なく、有利な学部もほとんどないといえるでしょう。

コラムニストはコラムを執筆する文筆業ですから、大学の文学部に行ったほうがいいと思われるかもしれません。

もちろん文学部を卒業してコラムニストになる人はたくさんいるものの、必ずしも文学部出身者ばかりではないのです。

たとえば新聞社や出版社などの編集部や編集プロダクションに就職したのち、社内で、または独立してコラムニストになるという、ひとつの道があります。

その場合、出版業界に関する社会学系の学部でマスメディア論を学ぶという方法も考えられますし、芸術学部の文芸学科に通うことも考えられます。

しかしコラムニストにとっては、文章を書くことや出版業界の動向を研究することに加えて、なにをどのように執筆するのかという専門分野にまつわる経験も重要になってきます。

そのため経済コラムニストになりたいのであれば、大学の経済学部に進むことも考えられますし、経済学部以外の出身者もいますし、学校ではなく実際の社会経験から執筆対象を導き出すこともあるのです。

学校やスクールに行くべきか?

コラムニストになるために学歴はとくに関係がありませんので、学校やスクールに通う必要はないかもしれません。

ただし文章を書くためのテクニックや出版業界との関わり、あるいは執筆対象にまつわる専門知識がなければ、実際にコラムニストとして活躍することはできません。

専門知識については個人の社会経験、もしくは取材によって得ることができます。

その取材方法や文章テクニック、出版業界との関わりについては、学校やスクールで身につけることもできます。

もちろん独学で文章を執筆し、ブログなどが編集者に認められ、コラムニストになる人もいます。

新聞社や出版社の編集者、小説家、作家、研究者や専門家、タレントなどになってから、コラムを執筆するという方法もあります。

しかし自己プロデュース力や人脈がそれほど備わっていない人も多いでしょうから、その場合は編集や文章の書き方が学ばえる専門学校やスクールに通うのもひとつの方法です。