「ゼロベース」とは(読了時間:1秒)

「ゼロベース」は最近ビジネスシーンで使われる用語です。「ゼロベース思考」として耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

よく耳にする言葉でも、どんな時にどのように使うのかわからないことが多いものです。

意味と使い方について見て行きましょう。

「ゼロベース」の意味は

「ゼロベース」は英語のzero base budget(ゼロベース予算)から来た言葉です。

大辞林に「ゼロベース」は「物事を始める際に、白紙の状態にすること。特に、予算編成時の各支出項目に関して、新規の増分だけでなく、過去の実績についても白紙の状態から検討すること」とあります。

由来である「ゼロベース予算」はそもそも、「予算を組む際に、過去の経費や取引などの実績を考慮せず、ゼロから作り上げること。または、ゼロから作り上げた予算」(新語時事用語事典)を示します。

このことから、今までの経験や実績などにとらわれず、一から物事に取り組むことを示します。

「ゼロベース思考」とは?

「ゼロベース」には派生語「ゼロベース思考」があります。

「ゼロベース思考」とは、「ゼロベース」から派生しただけあって、過去の実績や既存の枠組みなどにとらわれず、すべてをまっさらにしてゼロの段階から構築しようとする思考法をいいます。

過去にとらわれるばかりに視野や思考の幅を狭め、最善策へ達することが難しくなるため、いわゆる壁を打ち破る策として「ゼロベース思考」があると考えられています。

「ゼロベース」の類語とは?

「ゼロベース」の類語としては、「裸一貫」があります。何も無い状態から始めることをいいます。

確かにこの用語を「ゼロベース」に代用するのは、はばかられますね。「裸一貫予算」や「裸一貫思考」はちょっとかっこよくありません。

「ゼロベース」を使った具体的な会話

さっそく「ゼロベース」を使った用例をみてみましょう。

「ゼロベース」を使った会話例

「どうもこうも、八方塞がりだ。こうなったらゼロベースで見直すしかない。」

何かビジネス上での目的や落としどころはあるものの、従来のやり方ではうまくいかなかったようですね。

なんとかして打開策を打ち出すため、まっさらにして考えなおしてみるようにしたようです。

「ゼロベース思考」を使った会話例

「この商品に関しては、既存の営業戦略はやめてゼロベース思考で行きましょう。従来の営業方法がうまくなければ、どんな営業方法がうまくいくのか、で具体策を挙げていくのです。」

「ゼロベース思考」を使って新しい売り方を模索しているようです。何としても売上を上げようと、営業戦略を方々から立てさせているようですね。

従来の方法で頭打ちだった場合、「ゼロベース思考」を用いることで新しい切り口を探し、新たな方策を求めようとすることはよくあります。

確かにゼロベース思考を用いると、新たな切り口が見付かる可能性は高いというメリットがありますが、それが成功するかどうか、経験則がたたないため、思わぬ失敗やコスト高になることもあるというデメリットもあります。

「ゼロベース」の意味と用法をお分かりいただけましたでしょうか。

「ゼロベース」もそうですが、とくに「ゼロベース思考」は思考法そのものを理解しておきましょう。実際のビジネスに活用する場面にいつでくわすかもしれません。

実績や過去にとらわれず、新しく物事似取り組むというのはなかなか難しいものです。

「ゼロベース思考」もまたすぐに実践できるものではないので、日頃から「ゼロから物事をスタートするとどうなるか」を考えるよう、習慣付けると良いかもしれません。

職業を探す

医療

心理・福祉・リハビリ

美容・ファッション

旅行・ホテル

飲食

教育・保育

自然・動物

運輸・乗り物

出版・報道

テレビ・映画

音楽・ラジオ

芸能

スポーツ

マンガ・アニメ・ゲーム

広告・デザイン・アート

コンピューター

保安

法律

国際

金融

建築・インテリア

事務

販売

オフィス

企業

公務員

葬祭・宗教

その他