女性を美しくさせる職業・仕事(読了時間:8分28秒)

いつの時代も、女性は「もっと美しくなりたい」という気持ちを持つものです。

そのような女性の気持ちに寄り添い、専門的な知識や技術をもって、たくさんの女性たちを美しくさせていくことができたら、自分自身もうれしくなるのではないでしょうか。

ここでは、そんな女性を美しくさせるさまざまな職業、仕事について紹介していきます。

美容業界でたくさんの人を美しくさせる仕事

まずは、美容業界で活躍することができる代表的な職業、仕事を見ていきましょう。

美容師」は、美容室やヘアサロンなどでカット、カラー、セット、シャンプーブロー、パーマなどの施術をし、ヘアスタイルを創造する仕事です。

美容師として働くには、美容学校で学んだうえで美容師免許の取得が必要です。

ネイリスト」は、お客さまの爪をきれいに整えるネイルケアを行い、さらにマニキュアやラインストーンで美しい装飾を施す仕事です。

なるために特別な資格は必要ありませんが、ネイリストは特殊な薬剤や器具などを用いることから、ネイリストのスクールなどで技術を学び、ネイリストの検定試験に合格しているとよいとされます。

アイリスト」は、まつ毛ケアのプロフェッショナルとして、まつ毛を整えたりきれいにする仕事です。

専用の器具や薬剤などを使うため、この仕事に就くには美容師免許が必要です。

エステティシャン」は、ボディケア、脱毛、フェイシャル、リフレクソロジーなどの施術を行う仕事です。

エステティックサロンなどで、お客さまの肌や体形の悩みについてカウンセリングをし、美と癒しの両方を提供します。

美容師

美容師は、美容室やヘアサロンにおいて、カット、カラー、セット、シャンプーブロー、パーマなどの施術をし、ヘアスタイルを創造する仕事です。

同じ美容という観点から、ネイル、メイクや着付けなどの施術や、ヘッドスパやハンドマッサージなどのリラクゼーションサービスを提供することもあります。

美容師として働くためには、美容学校で所定のカリキュラムを修了したうえで、国家資格である美容師免許の取得が必要です。

ネイリスト

ネイリストは、お客さまの爪をきれいに整え、マニキュアやラインストーンで美しい装飾を施す仕事です。

具体的な仕事内容は、爪の手入れをする「ネイルケア」と爪に装飾を施す「ネイルアート」に分けられ、専門的な薬剤や器具を用いて、お客さまの爪や手をよりきれいに仕上げていきます。

ネイルサロンで働く人が多く、確かな技術はもちろん、お客さまに心地よい時間を提供するためのホスピタリティやサービスのスキルなども求められます。

アイリスト

アイリストは、、まつ毛ケアのプロフェッショナルとして、美容サロンなどでお客さまのまつ毛を整えたり、きれいにしたりする仕事です。

来店されたお客さまの目元に関する悩みをカウンセリングし、専用の器具や薬剤などを使いながら、「まつ毛エクステ」「まつ毛カール」「まつ毛パーマ」など、さまざまなメニューを施します。

まつ毛のケアには特殊な薬剤を用いるため、この仕事に就くには美容専門学校で学んだうえで美容師免許の取得が必要になります。

エステティシャン

エステティシャンは、エステティックサロンにおいてボディケア、脱毛、フェイシャル、リフレクソロジーなどの施術を行う仕事です。

お客さまの肌や体形に関する悩みや希望をカウンセリングし、手でマッサージを行ったり、脱毛や痩身の器具などさまざまな方法を使って、女性を美しくしていきます。

この仕事は特別な資格がなくても就くことができますが、人の身体に直接触れる仕事のため、就職後は研修や勉強によって専門的な知識と技術を身につけていく必要があります。

モデルタレントを美しくさせる仕事

ここからは女性のなかでも、モデルやタレントのような著名人・芸能人を美しくさせることができる仕事を紹介していきます。

メイクアップアーティスト」は、メイクの高い技術や専門知識を持ち、俳優女優、モデル、タレントなどにメイクを施す仕事です。

テレビ、映画、雑誌、舞台など、それぞれの場において、照明や光のあたり具合、テーマやシチュエーション、出演者の個性や服装などを考慮してふさわしいメイクをしていきます。

同時にヘアセットやドレス・着物などの着付けを行うこともあります。

スタイリスト」は、雑誌や広告、テレビ、映画の撮影やコンサート、ステージなどの場で、モデルやタレントに洋服や靴、小物、アクセサリーなどをコーディネートする仕事です。

現場では、カメラマンやメイクアップアーティスト、ヘアメイクなどと協力しながら仕事を進めていき、対象者がより美しくなり、魅力を最大限に引き出せるようなアイテムを考えて提案します。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストは、俳優や女優、モデル、タレントなどにメイクを施す仕事です。

メイクの高い技術や専門知識を持ち、各現場のテーマやシチュエーション、照明や光のあたり具合、出演者の個性や服装などを考慮してふさわしいメイクをしていきます。

日本では、基本的に「ヘアスタイリング」と「メイクアップ」の仕事が分業されておらず、メイクアップアーティストはこの両方の知識と技術を持っていることが求められます。

メイク以外にもヘアセットやドレス・着物の着付けを行うこともあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにはどうすれば良いのかを考えながら働きます。

なるために特別な資格は必要ありませんが、美容系専門学校やヘアメイクが学べる専門学校で専門的な知識と技術を身につけておくとよいとされます。

スタイリスト

スタイリストは、雑誌や広告、テレビ、映画の撮影やコンサート、ステージなどで、モデルやタレントに洋服や靴、小物、アクセサリーなどをコーディネートする仕事です。

現場では、カメラマンやメイクアップアーティスト、ヘアメイクなどと協力しながら仕事を進めていき、対象者が最も美しく見え、その魅力を最大限に引き出せるようなファッションアイテムを提案します。

この仕事には必要とされる資格はありませんが、活躍する多くのスタイリストは服飾系の専門学校を卒業しており、プロダクションに所属するか先輩スタイリストに弟子入りして独立していくのが一般的です。

美容に関する情報を人々に伝える仕事

美容のトレンドについて研究をしたり、美容の最新情報を人々に伝えたりする仕事もあります。

「美容家」は、美容に関するノウハウやスキルを持ち、その知識を生かして活躍する人のことをいいます。

具体的な活動内容は美容家によってまちまちですが、たとえばブログやSNSなどで美容情報を発信したり、講演活動を行ったり、美容関連の本や雑誌を執筆したりします。

「美容インストラクター」は、ヘアメイクや化粧品、エステなどに関する知識と技術を、美容部員やエステティシャンなどに指導する仕事です。

化粧品メーカーやエステサロンなどに勤務することが多く、技術指導や商品解説などに関する指導と教育がおもな仕事内容となります。

「美容部員」は、百貨店の化粧品売り場やドラッグストアなどで、お客さまに化粧品の販売をする仕事です。

来店したお客さまの肌や髪に関する悩みのカウンセリングを行いながら、その方に適した商品をお薦めし、販売につなげていきます。

美容家

美容家は、美容に関するノウハウやスキルを持って、その知識を生かして活躍する人のことをいいます。

具体的な活動内容は美容家によってまちまちですが、たとえばブログやSNSなどで美容のトレンドや情報について発信したり、講演活動を行ったり、美容関連の本や雑誌を執筆したりします。

ヘアメイクや美容師、リラクゼーション系などの仕事をしていた人が、さらに多くの人に美容の情報を発信すべく、美容家としての活動をスタートさせることもあるようです。

美容インストラクター

美容インストラクターは、ヘアメイクや化粧品、エステなどに関する知識と技術を、美容部員やエステティシャンなどに指導する仕事です。

化粧品メーカーやエステサロンなどに勤務することが多く、技術指導や商品解説などに関する指導と教育がおもな仕事内容となります。

勤務先によては、店舗運営やマネジメントなどの業務まで任されることもあります。

美容部員

美容部員は「ビューティアドバイザー(BA)」と呼ばれることもあり、百貨店の化粧品売り場やドラッグストアなどで、お客さまに化粧品の販売をする仕事です。

お客さまの肌や髪に関する悩みのカウンセリングを行いながら、その方に適した商品をお薦めし、できるだけ多くの商品の販売につなげていきます。

美容部員のカウンセリング能力やメイクのテクニックは、店の売上を決めるうえでの大きな要因とされており、実力ある美容部員は高く評価されます。

特別な資格を持っていなくても働けますが、ヘアメイクの専門学校を卒業してこの仕事に就く人もいます。

医療・ヘルスケアの分野で活躍する仕事

ここからは、医療やヘルスケアに関連する分野で、女性を美しくさせていく仕事を紹介します。

歯科衛生士」は、歯科医院や歯科クリニックなどにおいて、歯科医師の診療補助や各種処置を手掛ける仕事です。

患者さんの歯の状態を把握し、歯科医師の指示の下で虫歯治療などの際のサポートをしたり、歯石除去やフッ素塗布、歯みがき指導などにも携わります。

美容歯科や審美歯科など、歯を白く、美しくするための治療やカウンセリングを専門に行う歯科クリニックに勤務することもできます。

「美容外科医」は、患者さんの身体の悩みをカウンセリングし、理想の身体を作っていく美容外科という分野で活躍する医師のことをいいます。

美容外科では、たとえば二重まぶたを作ったり、鼻を高くしたり、脂肪吸引やバストアップといった施術を行っています。

この仕事に就くには医師免許が必要になります。

ヨガインストラクター」は、ヨガのトレーニングポーズや呼吸法を指導し、ヨガの魅力と楽しさを人々に伝えていく仕事です。

ヨガスタジオやヨガスクール、フィットネスクラブといったスポーツ施設に就職する人もいれば、独立して個人レッスンを開いている人もいます。

歯科衛生士

「歯科衛生士」は、歯科医院や歯科クリニックなどにおいて、歯科医師の診療補助や各種処置を手掛ける仕事です。

患者さんの歯の状態を把握し、歯科医師の指示の下で虫歯治療などに使う器具を準備して、診療のサポートをしたり、歯石除去やフッ素塗布、歯みがき指導などにも携わります。

歯科にもさまざまな治療内容がありますが、美容歯科や審美歯科など、歯を白く、美しくするための治療やカウンセリングを専門に行う歯科クリニックに勤務することもできます。

美容外科医

「美容外科医」は、患者さんの身体の悩みをカウンセリングし、理想の身体を作っていく美容外科という分野で活躍する医師のことをいいます。

美容外科では、たとえば二重まぶたを作ったり、鼻を高くしたり、脂肪吸引やバストアップといった施術を行っており、この分野の施術の多くは病気の治療ではないため、健康保険は適用されないという特徴があります。

この仕事に就くには、大学の医学部で学んだうえで国家試験を受け、医師免許の取得が必要になります。

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターは、ヨガのトレーニングポーズや呼吸法を指導し、ヨガの魅力と楽しさを人々に伝えていく仕事です。

日本では、インド生まれの伝統的なヨガに、フィットネス感覚や現代医学の要素などを取り入れたものが普及しており、美容やリラクゼーション、健康づくりなどを目的として、若い人から高齢者まで、幅広い世代の人がヨガに親しんでいます。

ヨガスタジオやヨガスクール、フィットネスクラブといったスポーツ施設に就職する人もいれば、独立して個人レッスンを開いている人もいます。

ここで紹介したいくつかの職業は、決められた学校で学んだうえで国家資格を取得しなくてはなりませんが、一方では、特別な資格や経験がなくても仕事を始めることができる職業もあります。

活躍の場もまちまちですので、まずは皆さんが将来どのように「美」と接していきたいかを考えてみてください。