Webデザイナー、Webディレクター、Webプロデューサーの違い(読了時間:4分2秒)

仕事内容の違い

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、Webサイト制作の現場において、デザインを担当する仕事です。

お客さまのニーズや企画コンセプトに基づいたデザインを検討しますが、見栄えだけでなく、ユーザーにとって使いやすく、ユーザーが意図したとおりに行動してくれるようなデザインを目指す必要があります。

一般的には、お客さまとディレクターが直接やりとりを行い、そこで作成された設計書に沿った形で、デザイナーが制作を進めていきます。

Webデザイナーの仕事内容

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターは、Webサイトを制作する際に、プランナー、デザイナー、プログラマーライターといった制作スタッフたちをまとめ、プロジェクト全体の進行管理・品質管理をする仕事です。

クライアントの要望を理解し、スケジュールを守りつつも品質を確保するために、プロジェクトメンバーの人選や現場の指揮・監督、マネジメントなどを行います。

常に全体を見て、それぞれの業務のプロフェッショナルたちと上手にコミュニケーションをとりながら、ゴールへ向かっていきます。

Webディレクターがプランナーとして企画の中心に携わることもあります。

Webディレクターの仕事内容

Webプロデューサーの仕事内容

Webプロデューサーは、Webサイトを制作する際に、プロジェクトのトップとして統括的な責任を負う仕事です。

予算やコストの管理、クライアントとの重要な折衝などを主に担当するほか、プロジェクトの全体を見て、現場が円滑に動くようにマネジメントを行います。

Webディレクターと二人三脚で動きますが、プロデューサーがディレクターの役割を兼務したり、その逆のケースもあります。

なる方法、資格の違い

Webデザイナーになる方法、資格

Webデザイナーへの道も、まずはWeb制作会社に就職して経験を積むことが一般的なルートです。

未経験でも意欲があれば採用されることもありますが、デザイナーは美術に関する知識をはじめ、専門的なスキルが求められるため、デザインの専門学校や美術系の大学などで勉強していると、より就職しやすくなるようです。

資格はとくに求められませんが、関連するものとしてウェブデザイン技能検定などがあります。

デザイナーを経て、ディレクターやプロデューサーになる人も少なくありません。

Webデザイナーになるには

Webディレクターになる方法、資格

Webディレクターも、Web制作会社で勤務する人が多いです。

特別な資格は必要なく、未経験からでもスタートできる仕事ですが、ディレクターは制作の一連の流れに関する理解が求められるため、プランニング、デザイン、プログラミング、HTML・CSSコーディングなどの知識・スキルを持っていると、有利に就職しやすいでしょう。

最初はアシスタントとしての業務が中心になることも多いですが、現場で経験を積みながら、ステップアップを目指していきます。

Webディレクターになるには

Webプロデューサーになる方法、資格

Webプロデューサーは主にWeb制作会社で勤務しているため、まずはこのような会社への就職を目指すことが第一歩といえます。

ただし、経験のない人はいきなりプロデューサーとしての役割をこなすのではなく、ディレクターやプランナーとして現場経験を積みながらWeb制作の流れとスキルを身につけていき、ステップアップを目指すのが一般的な道です。

Web検定といった関連する資格もありますが、実際に現場でどれだけ動けるかが最重視される仕事であるため、経験のほうが強みになることが多いようです。

収入、待遇、雇用形態の違い

Webデザイナーの収入、待遇、雇用形態

Web制作会社は中小規模の企業が多く、各社での競争も厳しくなっていることから、経験の浅いWebデザイナーはさほど高い給料を得られないことが多いようです。

年収は300万円〜400万円程度ですが、アルバイトや契約社員の場合はこれより低い給料で働く人もいます。待遇の内容も会社によってだいぶ違いがあります。

ただし、デザイナーは経験を積んでからフリーランスになる人も多く、実力があると認められれば、会社勤めをしていたときよりずっと多くの収入を得ることも可能です。

Webデザイナーの給料・年収

Webディレクターの収入、待遇、雇用形態

Webディレクターの平均年収は400万円〜500万円程度と、Webプロデューサーとほぼ同水準です。

Web業界におけるクリエイティブ系職種の中では、上流工程を担当することから平均年収は高めとなっているようです。

ただし、最近はとくに中小規模のWeb制作会社が増えているため、各社の競争も厳しくなっています。

新しい知識や技術を貪欲に学び、お客さまのニーズをしっかりと理解して、質の高いWebサイトを作り上げるためのディレクション力を身につけていくことが、キャリアアップのポイントとなるでしょう。

Webディレクターの給料・年収

Webプロデューサーの収入、待遇、雇用形態

Webプロデューサーの平均年収は、400万円〜500万円前後といわれています。

20代~30代の若手が多く活躍している業界ですが、実力や経験次第で年収には差が出ており、600万円以上を安定して得ている人もいます。

Webディレクター以上のマネジメント能力、Web制作に関する幅広い知識が求められますが、有名な制作案件をこなせるプロデューサーになれば、年収1000万円を超えることもあります。

ここで挙げた3つの職業は、いずれもWeb制作に最前線で関わっていく仕事です。

ただし、Webデザイナーは専門職としての色合いがより濃く、WebプロデューサーとWebディレクターは現場を管理する役割を主に担っており、それぞれ兼務している人も多いようです。