試用期間は職歴になる?(読了時間:2分27秒)

試用期間で万が一退職してしまった場合、その勤務先は職歴に入るのでしょうか?

職歴に入る場合は、次の転職活動にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

試用期間に退職した勤務先を履歴書に書かないとどうなる?

もしもあなたが何らかの理由があって、試用期間中に退職したとします。

その場合、「試用期間であっても勤務していたのだから、履歴書に書くべき」なのでしょうか。

もしも前職(試用期間)を書かなかったとして、それを理由に採用後に解雇にすることはないようです。

採用前に、あなたが試用期間中に退職したことが就職希望先に知られることはまずないでしょう。

ただし、試用期間に退職したことが何度もあり、それを意図的に隠しているなどの悪質な理由があった場合、「虚偽記載」になることがあります。

法的に、履歴書への虚偽記載は、犯罪や懲戒事由にもなり得ます。

とはいえ、このような例はあくまでも「例外」であり、基本的には履歴書への記載は法的に義務付けられるものではありません。

採用前にバレたら、採用取り消しになることも

もしも万が一、採用前にあなたが試用期間中に退職したという経歴が知られてしまった場合、不採用になったり、採用の取り消しをされることもあります。

前職で試用期間に退職したことは、社会保険の加入の履歴によってバレる可能性があります。

試用期間でも社会保険には加入するのが一般的ですから、前職の社会保険加入期間から、履歴書にない職歴が明らかになるかもしれません。

また、採用前の段階では、企業は志望者の採用について自由な権限を持っています。

つまり、試用期間中の退職を申し出なかったことを理由に不採用、あるいは採用取り消しをする可能性もあるということです。

どうせバレないだろうと思って、履歴書にその職歴を記載しないことで、このようなリスクを背負うことにもなります。

試用期間の退職は、職歴としてカウントされるのか?

試用期間中は、本採用ではありません。

とはいえ、社会保険に加入し、給与を支給されているのですから、職歴としてカウントされるというのが一般的な考え方です。

試用期間とはいえ、大手企業に務めた経験があれば、評価の対象になり得ます。

ただし、評価の対象となるのは、前職の退職理由が社会的に認められるような理由である場合に限ります。

具体的には、

・介護や育児などで会社を離れざるを得なかった
・試用期間に病気・ケガで長期入院することになった
・企業の業績悪化

このような理由による退職の場合は、試用期間に退職しても、ポジティブな評価をされるでしょう。

タテマエは「書く」、現実的には「どちらでもOK」

もしもこのようなリスクを恐れるならば、職歴として扱ったほうがよいでしょう。

履歴書の最も基本的なルールに従えば、「すべての入社・退職歴を記す」ことが望ましいといえます。

つまり、試用期間であっても退職歴があるならば、記載する必要があるということです。

ただし、現実的な社会場面では、上記のようなことが当てはまらない場面もあります。

実際、社会保険の加入期間調査の他には、前職についてあれこれ質問されることはありません。

また、ブランクについてきちんと説明できるのであれば、社会保険の加入期間について質問されても問題はないでしょう。

つまり、前職で試用期間に退職していたとしても、それが公に明らかになることはまずないでしょう。

このような理由から、「試用期間の退職歴は、書いても書かなくても大丈夫」ということになります。

ご紹介してきたように、試用期間に退職した事実を隠すことで、悪質な場合(何社も同じ理由で退職している場合)は、虚偽記載の罪に問われる可能性もあります。

ただし、上記のようなケースを除いて、現実場面ではすべての試用期間の退職歴を書かなくとも、大きな問題は生じにくいため、職歴としてカウントせずに就職・転職活動を行っている方も大勢いらっしゃいます。

結論としては、悪質な場合でなければ、職歴にはカウントされますが、履歴書に書く・書かないは個人の判断によるものが大きいということです。

職業を探す

医療

心理・福祉・リハビリ

美容・ファッション

旅行・ホテル

飲食

教育・保育

自然・動物

運輸・乗り物

出版・報道

テレビ・映画

音楽・ラジオ

芸能

スポーツ

マンガ・アニメ・ゲーム

広告・デザイン・アート

コンピューター

保安

法律

国際

金融

建築・インテリア

事務

販売

オフィス

企業

公務員

葬祭・宗教

その他