試用期間は何ヶ月が多い?(読了時間:1分3秒)

試用期間は、企業側が期間を限定して、本採用前に社員の適性を見るためのものです。

そのため、適性を見るのにふさわしい期間を設けていますが、どれくらいの期間が多いのでしょうか。

試用期間に上限はあるの?

実は試用期間についての限度は、法律にはありません。

もっと具体的に言うと、企業が試用期間を設けるとした場合、試用期間を定める義務はあります。

ただ、その試用期間についての上限がないということです。

ただ、求人票からは、1年以上の試用期間はあまり見られません。

上限がないからといって、給与や社会的立場の不安定な試用期間を不用意に長期にわたらせるのは、企業側の誠意が問われる問題となるでしょう。

試用期間の平均はどれくらい?

試用期間は短くて1か月、長くても9か月~1年未満のところが多いようです。

就職活動・転職活動をしている方は、求人票をよく確認し、試用期間の長さについて吟味しましょう。

日本の企業の試用期間は、おおよそ3か月程度が平均のようです。

ただし、これには上記のような「幅」があります。

職種・業種によっては試用期間を長くしないと、社員の資質・適切を見抜けないという理由から、試用期間が1年程度にまで及ぶところもあります。

試用期間の注意点

試用期間は企業にもよりますが、給与が正社員よりも低かったり、ボーナスが支給されない・もしくは満額ではない場合があります。

このような期間が平均で3か月程度続くのですから、就職・転職前には生活費の工面をあらかじめしておいた方がよいでしょう。

また、ボーナスをあてにした買い物も、試用期間中は控えた方がよいでしょう。

このように、試用期間は1か月~1年と企業によって違いがあります。

平均すると3か月程度の試用期間が多いようです。

試用期間に限った勤務条件もよく見て、就職・転職活動を行うことをおすすめします。

職業を探す

医療

心理・福祉・リハビリ

美容・ファッション

旅行・ホテル

飲食

教育・保育

自然・動物

運輸・乗り物

出版・報道

テレビ・映画

音楽・ラジオ

芸能

スポーツ

マンガ・アニメ・ゲーム

広告・デザイン・アート

コンピューター

保安

法律

国際

金融

建築・インテリア

事務

販売

オフィス

企業

公務員

葬祭・宗教

その他