手に職を付け専門職に就きたかった(読了時間:1分17秒)

お題:「人生でやり直したいこと」について

現在の状態

学校を卒業して新卒で就職して一度転職しましたが、同じところに10年近く勤めて、寿会社しました。

現在は専業主婦となり子供を育てています。

社会への未練が残りますので、子供が大きくなってからもう一度働きたいと思っています。

やり直したいと思っていること

親が決めた私立の高校に入って、そのままエスカレーターで大学に入り、特に考えず事務職となりました。

今思うと学生時代は、いろんなことへの経験や見解が狭かったと思います。

何が良いとか何になりたいとか、あまり深く考えませんでした。

仕事をすることは苦しいですが、楽しいこともあり、どうせ同じ時間を使うことになるのなら、自分の好きなことや興味のあることに時間を使いたかったです。

そのためには学生の時に自分の興味を深め、職にしたらどうなるか、また手に職を持てる専門職になりたかったと思っています。

手に職をつけると自分に自信がつき、仕事にやりがいが生まれると思うからです。

職を持つと、一つの会社にこだわらないで、会社を選ぶ立場になることもできます。

ご自身の経験から学生へのアドバイス

学生の時は、膨大な自由な時間があります。

今何がしたいかわからない人も、いろいろなことを一度経験してみるとよいです。

職種の違うアルバイトを選んだり、どんなところか実感すると自分に合うか合わないかが分かります。

アルバイトでなくても旅行にいったりなど、自宅や学校ではないところに足を運ぶのもよいです。

他の人や働いている人を見ていると、何か必ず学ぶことがあります。

知り合いが増えたり、聞けない話を聞くことができると、自分の幅が広がっていきます。