「ペイする」とは(読了時間:1分4秒)

「ペイする」という言葉、聞いたことありますか?

ビジネスシーンではよく使われるこの言葉、「ペイする」の意味と使い方をご説明します。

「ペイする」の意味は

「ペイする」とは英語と日本語のちゃんポン語です。

英語の「Pay」(支払う、支払い)とサ行変格動詞「する」の完全なるコラボであるこの言葉、耳慣れない人の方が多いかも知れません。

「ペイする」は大辞林第三版で
1.報酬。賃金。給料。
2.支払うこと。
3.採算がとれること。引き合うこと。元が取れること。

とあります。

まさにこのままの意味でビジネスシーンでは使われています。

「ペイする」を使った具体的な会話

それでは、「ペイする」はどのように使われるのでしょう? 具体例をみていきましょう。

「ペイする」を使った会話例 その1

「A社はペイが実にいい。期日にまずもって遅れないよ。」

この場合は1の意味で使われています。ただし、1で使われる場合は「ペイする」ではなく、名詞で「ペイ」と使われることがほとんどです。

「ペイする」の会話例 その2

「ここの会社にペイしておいて、今月中に。月をまたがずにお願いします」

ここでは2の意味で使われています。業者さんへの支払いを指示していると思われます。

「ペイする」の会話例 その3

「これじゃまったくペイできないだろ。むしろ赤だ。」

これは3の「採算がとれること。引き合うこと。元が取れること」の意味で使っています。

採算がとれないどころか、赤字になってしまうということをいっているのです。

この用法で使うことが最も多いでしょう。

「ペイする」には3つほど意味があることがお分かりいただけたと思います。

「ペイする」がポジティブに使われていれば1の「報酬、賃金、給料」として使われることが多く、ネガティブに使われていれば3の「採算がとれること、引き合うこと、元が取れること」として使われることが多いようです。

この言葉を耳にしたら、使われているシチュエーションから類推するとよいでしょう。