内定承諾後の辞退はできる?(読了時間:1分37秒)

企業から内定通知を受け取った後、内定承諾書が送られてくることは少なくありません。

内定承諾書を提出した後、より志望準備の高い企業から内定を獲得した場合、内定を辞退しなくてはならないケースが出てきます。

内定承諾後、辞退することはできるのでしょうか。

内定承諾書を提出する意味とは?

内定承諾書とは、学生側にとっては「貴社に入社することをお約束します」という意味合いを持つ書類です。

また、企業側にとっては「うちに入社すると約束し、辞退しないでください」という意味合いを持っています。

ただし、内定通知書そのものに法的効力はありません。

内定を出した時点で企業と内定者の間には「始期付・解約権留保付労働契約」が成立したと見なされます。

この時点で企業が一方的に内定を取り消すようなことがあれば、解約権の濫用にあたる可能性があります。

これに対して、学生側が内定を辞退することは可能です。

ときどき、「内定承諾書や入社誓約書を提出していながら約束を反故することで企業から訴えられる場合もある」などと言われることがありますが、実際にはそのような事態に発展することはほとんどないと言っていいでしょう。

内定承諾後の内定辞退はできるのか?

内定承諾後に辞退できるのか? という疑問については「できる」と考えて問題ありません。

企業側も一定数の内定辞退者が出ることは想定した上で、内定者を確保しています。

他社から内定が出たという理由で辞退する学生がいることも織り込み済みのはずですので、内定承諾後に辞退することに対して必要以上にナーバスにならなくてもいいのです。

ただし、内定を承諾してから期間が経ってしまった場合、企業側は辞退されるとは思っていない可能性があります。

入社日直前になって急に辞退連絡を入れるといったことは、多大な迷惑をかけることになりますので避けましょう。

内定承諾後の内定辞退で注意すべきこと

内定辞退者が出ることは想定されているとはいえ、入社承諾書を提出した時点から企業は入社に向けた準備を進めていますので、迷惑をかけることに間違いありません。

内定辞退を決めた時点でできるだけ早く連絡しましょう。

また、辞退の連絡はメールだけで済ませず、まず電話で採用担当者に伝えた上で、メールでお詫びを述べたほうがいいでしょう。

辞退する時期によっては、お詫び状を送ったほうがいい場合もあります。

相手の企業に迷惑をかけてしまうことに対して申し訳ないという思いを伝え、誠実な対応するすることが大切です。

内定承諾後に辞退することはできますが、辞退に際してはマナーを守り誠実な対応をするべきです。

内定や内定承諾の意味合いを理解した上で、「一緒に働きたい」と言ってくれた企業に失礼のないよう細心の注意を払いましょう。