内定辞退で呼び出しはある?(読了時間:1分36秒)

内定辞退の連絡を入れるとき、「相手を怒らせるのではないか」「謝罪に来るよう言われたらどうしようか」などと考えてしまう人もいるかもしれません。

内定辞退の連絡をしたことで、呼び出されることはあるのでしょうか。

内定を辞退したことで呼び出されることはある?ない?

内定を辞退したことを受けて、来社するように言われることは「ほぼない」と考えていいでしょう。

企業にとって新卒採用は、星の数ほどいる学生の中から内定者を決めるという、気の遠くなるような業務です。

内定辞退者が出るたびに呼び出していたのでは、きりがありません。

よって、一般的には内定辞退の連絡を入れた時点で了承してもらうことができると考えられます。

ただし、辞退を受けて呼び出される可能性が「絶対にない」わけではありません。

まれに、辞退の旨を伝えたところ呼び出された、という経験をする人がいます。

内定を辞退して呼び出されるのはどんな場合?

内定を辞退して呼び出されることがあるとすれば、おそらく引き留めたい人材だから、という理由と考えられます。

直接話して辞退を考え直すよう説得すると予想されます。

辞退によって呼び出されることそのものがレアケースであること、人材価値を高く評価してもらえている可能性が高いことを考えると、呼び出された場合は応じてもいいでしょう。

熱心に説得されて、「これほど熱く言ってくれるなら、この会社で働いてみたい」と考えが変わる可能性もあります。

どれほど説得されたとしても入社する意思がないようであれば、呼び出しに応じる必要はありません。

呼び出しを断る場合、丁重にお断りの旨を伝えるようにしましょう。

内定辞退後の呼び出しを無視したらどうなる?

内定辞退で呼び出しを受けたとして、そのまま無視して行かなかった場合、どうなるのでしょうか。

結論から言えば、特に罰則などはありません。

ただ、相手の企業に対して非常に失礼なことですので、何も連絡せず行かないということは絶対にやめましょう。

呼び出しに対して「行く」「行かない」はともかく、どちらにしても返答をきちんとすることが重要です。

なお、呼び出しを断る場合に、訪問できない理由を聞かれたとしても「大変恐れ入りますが、別の企業から内定をいただき、そちらに入社したいと考えております」と応じれば問題ありません。

ていねいな対応を心がけながらも、伝えるべきことは毅然とした態度で伝えましょう。

内定辞退で呼び出されることはほとんどありませんが、どうしても欲しい人材の場合など、ごくまれに呼び出されることがないわけではありません。

呼び出しを断っても問題ありませんが、ていねいな対応を心がけましょう。

また、呼び出されているにも関わらず、指定された日時に訪れないといったことは失礼にあたりますので絶対にやめましょう。