マネジメントサイクルとは(読了時間:1分41秒)

企業は利益を産みだすために、さまざまな取り組みを行っています。

そこにはまず、何をどうすべきか計画を立てることが必要です。

マネジメントサイクルを高めることで、企業は利益生み出しているのです。

今回は、「マネジメントサイクルとは何か」から始め、仕事をするときの重要なポイントをお伝えします。

マネジメントサイクルとは?

マネジメントサイクルとは、ビジネス用語の中でも経営に関する話題の場面で使われます。

その意味は「企業が目標を達成するために、どのような過程をとり業務を回せば効率がよいか」ということです。

おこりうる事態の予測をし、組織への命令系統を調整することで、目標達成への効率化をはかるのです。

企業は利益を出さなければなりません。マネジメントサイクルを高めることで、目標までの道を整えるのです。

PDCAとは

仕事では、いかに効率よく成果を出すかが大切なポイントです。

そこで登場する言葉が、PDCAです。

PDCAとは、毎日の業務にあたり、「どのような計画をたてて(Plan)実行し(Do)、質の水準を高めるためには(Check)、何をすれば良いか(Action)」のことです。

P=プラン(Plan)
D=実行(Do)
C=確認(Check)
A=改善(Action)

営業におけるPDCAの例

営業が契約件数を伸ばすためにPDCAを活用する例を見てみましょう。

まずはじめに、具体的な売上の目標数値を設定します。

そして、それをどうしたら達成できるのかを考え、キャンペーンをする、商品の値下げをするなどの計画を立てます。

方法が決まったら、実際にそれを実行します。

結果が出たら、上手く行った原因、または上手くいかなかった原因を探り、施策を改善していきます。

こうして「目標を達成する方法」を確立していくのです。

マネジメントサイクルを高め利益を産み出すために、PDCAが欠かせない要素となるのです。

企業の成功例

具体的な例として、「Yahoo!」が取り組んでいたことを紹介します。

今ではインターネット利用者で、知らない人はほぼいないでしょう。

Yahoo!は集客(アクセス)を高めるために、トップ画面に工夫をしてきました。

調べたい言葉を入力する「検索窓」がありますが、使いやすくすることで、集客が高まると予測したからです。

検証するための計画を立て(Plan)、何度も大きさを変え(Do)、集客数を分析し(Check)、今の場所やサイズに正式に変更したのです(Action)。

マネジメントサイクルを高めた結果、こんにちの集客に結び付いています。

仕事をするうえでも、目標を持って、それを達成すれば、やりがいを得られたり、自分の成長にもつながるでしょう。

社会人として充実した毎日を送るためにも、マネジメントサイクルに気を向けてみましょう。