就職活動をもっとまじめにしておけばよかった(読了時間:1分19秒)

お題:「人生でやり直したいこと」について

現在の状態

今はアパレル系の販売員で、洋服を売るお仕事をしています。

フリーターでの雇用で、福祉的なところも安定していませんし、将来的なことを考えると不安です。

この仕事をずっと続けたいわけではないので、いずれは転職したいです。

やり直したいと思っていること

まず、大学在学中に、就職活動のための対策を早めにしておけば良かったというのが1番の後悔です。

やり直せるなら、大学に入った時の時点で先のことを考えて、資格を取ったり就職試験に向けていろいろ勉強をしておけばよかったです。

正社員になることもできず、大学を卒業したのにフリーターでこの先が不安です。

同窓会に行った時に、周りの友達はちゃんとに正社員として働いている人も多く、仕事の話になった時にとても肩身が狭かったというのがまずそれを思ったきっかけです。

毎日あまり充実していませんし、やりたい仕事というわけでもないので、今後転職したいと思っていますが、その対策は大学時代のうちに始めていれば新卒での採用もされたかもしれませんし後悔です。

ご自身の経験から学生へのアドバイス

学生時代にも、きっとやることはたくさんあると思います。

それが理系であればなおさら忙しいかも知れませんし、サークルや友だちとの付き合いも大事な経験です。

しかし就職というのは人生をより左右することでもありますし、そこで後悔をしないためには大学時代に、いかにそれに向けて準備をするかということも関係してきます。

まだまだ学歴社会の部分もあるので、学校の名前だけで有利か不利かといったこともあるかもしれませんが、やる気次第では思い通りの仕事に就ける可能性もあるので、今がチャンスだと思って早めにスタートすることをお勧めします。