仕事グラフィックデザイナー、イラストレーター、DTPデザイナーの違い(読了時間:3分55秒)

仕事内容の違い

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーは、雑誌の広告やポスター、カタログ、チラシ、商品パッケージなど、主に印刷物のデザインをする仕事です。

企画・コンセプトに基づいたデザインの考案をはじめ、レイアウト、編集、入稿データ制作まで、一般的にはコンピュータ上でグラフィックソフトや編集ソフトを使って作業を進めていきます。

デザインセンスはもちろんですが、イラストレーターコピーライターたちとチームを組むことも多く、お互いにコミュニケーションをとりながら協力して商品を創り上げていきます。

グラフィックデザイナーの仕事内容

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターは、出版物の表紙や本文中に掲載する挿絵、広告やプロモーションツールに使用するイラストやキャラクターを描く仕事です。

水彩、色鉛筆などアナログで作業をすることもありますが、最近は専用ソフトを用いたデジタルが主流となっています。

クライアントから依頼を受けて、相手の要望に合うイラストを描き、納品することが大まかな仕事の流れとなり、グラフィックデザイナーが印刷物全体のデザインを担当するのに対し、イラストレーターは「絵」そのものを描くという違いがあります。

イラストレーターの個性的な作風が評価されることも多いです。

イラストレーターの仕事内容

DTPデザイナーの仕事内容

DTPデザイナーは、雑誌、フリーペーパー、カタログ、チラシなど、印刷物の誌面上のデザインをDTP(デスクトップパブリッシング)で行う仕事です。

DTPは、デザインから印刷用のデータ制作をパソコン上で行う一連の作業のことを意味します。

グラフィックデザイナーとは役割が似ており、実際に線引きが曖昧になっている面もありますが、DTPデザイナーは「誌面のレイアウトをすること」に、より重きが置かれているケースが多いです。

なる方法、資格の違い

グラフィックデザイナーになる方法、資格

グラフィックデザイナーの代表的な職場は、広告代理店や広告制作会社、デザイン事務所、一般企業の宣伝部となります。

なるために特別な資格は求められませんが、デザイナーとしての基礎知識、美的センス、感性、表現力などは必須です。また、グラフィックソフトを使いこなすためのスキルも必要です。

そのため、美術大学や美術系の専門学校でアートやデザインについて学んだのちに、先に挙げた企業への就職を目指す人が多いとされています。

グラフィックデザイナーになるには

イラストレーターになる方法、資格

イラストレーターも、商品として認められる絵を描けるだけの実力さえあれば、特別な資格や学歴は問われない仕事です。

実際には、多くの人が美大やデザインの専門学校で基礎的なことを学んだのち、広告制作会社、企業の広告部、デザイン事務所、ゲーム会社などへ就職を目指しています。

ただし、イラストレーターとしての求人募集はあまり多くなく、グラフィックデザイナーとしてこれらの企業で経験を積んだ後に、フリーのイラストレーターになる人も多いようです。

イラストレーターになるには

DTPデザイナーになる方法、資格

DTPデザイナーも、特別な資格や学歴は必要とされない仕事です。

専門学校や独学でDTPソフトのスキルを身につけた後に、印刷物の制作会社やデザイン事務所などへ就職するのが一般的な道となっています。

会社によっては、グラフィックデザイナーがDTPデザイナーの仕事を兼務していることもあるようです。

収入、待遇、雇用形態の違い

グラフィックデザイナーの収入、待遇、雇用形態

グラフィックデザイナーの年収は300万円〜500万円程度といわれていますが、勤務先やキャリアによってだいぶ異なります。

大手広告代理店のデザイナーになれば30代で年収1000万円を超えることもあるものの、中小の制作会社はだいぶ低い給与で働いている人もいるようです。待遇も大手のほうが良いケースが多いようです。

正社員のほか、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなど、多様な働き方ができる仕事です。経験を積んで独立する人も少なくありません。

グラフィックデザイナーの給料・年収

イラストレーターの収入、待遇、雇用形態

フリーランスで働く人が多く、実力次第で活躍の幅が変わってくるイラストレーターの収入は、人によってだいぶ異なるといえるでしょう。

高収入を得ている人は限られており、平均的な会社員の年収に達しない人も少なくありません。他のアルバイトをしながら、イラストレーターとしての経験を積むためにがんばっている人も大勢いるといわれます。

デザイン事務所などに勤務する場合の平均年収は300万円〜500万円程度といわれていますが、この業界は中小規模の会社も多いため、待遇も含めて会社によってだいぶ勤務条件が異なるようです。

イラストレーターの給料・年収

DTPデザイナーの収入、待遇、雇用形態

DTPデザイナーの平均年収も、300万円〜500万円程度となっており、他のグラフィック系の仕事と大きく変わりありません。

実力次第で収入は変わり、新人のうちはかなり安い給料でアシスタントから仕事をスタートすることもあります。

経験を積み、センスがあると認められれば、一気に収入をアップさせることも不可能ではありません。会社員として働くばかりでなく、フリーランスで活躍することもできる仕事です。

ここで紹介したグラフィックに関わる3つの仕事は、基本的に特別な資格や学歴は求められないものの、豊かなデザインセンスや仕事で使うソフトを使いこなすスキルが必要です。 実力と経験が評価される厳しい世界ですが、がんばり次第では独立してたくさんの人に自分の名前を知ってもらうこともできます。