人に感動を与える職業・仕事(読了時間:12分20秒)

みなさんは、もし自分の活躍によって世の中の人たちに感動を与えることができたら…と想像してみたことはありますか?

世の中にはいろいろな仕事がありますが、人に喜びや驚き、感動などのワクワクを与えることができたら、きっと自分自身の心も満たされ、とても豊かな気持ちになれるのではないでしょうか。

そこで今回は、たくさんの人に感動を与えることができる職業、仕事を紹介していきます。

本やドラマ、舞台などを作って感動を与える仕事

小説や漫画、テレビドラマ、舞台などの作品づくりに携わることで、たくさんの人に感動を与える仕事を見ていきましょう。

まずは出版に関わる仕事を紹介します。

小説家」は、物語を創作し、小説として執筆を行う人のことです。

純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなど、小説のジャンルにはさまざまなものがありますが、小説家はアイデアを膨らませて作品として仕上げ本や雑誌で発表します。

文章で表現をする小説家に対し、絵を重視した表現を行うのが「漫画家」です。

話の構想をプロットにまとめ、ネーム(絵コンテ)を作り、その後は下描きやペン入れを行い、ベタ塗りやトーン処理などの仕上げ作業をして、原稿を完成させていきます。

ストーリーを考え、絵を描く仕事には「絵本作家」もいます。

伝えたいテーマを考え、全体の構成と話の流れを決めて、セリフや絵を仕上げていきます。

次に、アニメやテレビ、舞台などの場で活躍する仕事を紹介します。

アニメーター」は、アニメーションの基となる絵を描く仕事です。

アニメーション作品は膨大な枚数の絵から成り立っており、その1枚1枚を描くことで、最終的にひとつのアニメ作品が誕生します。

続いて、映画やテレビドラマ、演劇、ゲームなどのストーリーを考え、脚本を書く人は「脚本家」と呼ばれます。

脚本には、セリフや心理描写、登場人物の動きなども含まれてきます。。

一方、ドラマや映画、舞台などにおいて、照明や音楽、舞台装置、演技指導などの演出を考えていく人は「演出家」と呼ばれます。

監督の下で演出を担当することが多いですが、演出家が監督役を務めることもあります。

また、音楽や舞台、展示会、セミナーといった、さまざまなイベントの企画・運営に携わる人は「イベントプランナー」といいます。

イベントの目的に合わせ、大勢のスタッフと一緒に、感動的で盛り上がるイベントを作り上げていきます。

小説家

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことを意味します。

純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなどのジャンルがあり、小説家によって得意ジャンルや専門とするジャンルが異なります。

書いた作品は本や雑誌で発表されることが一般的ですが、コンテストなどを受賞してデビューできる人は限られています。

人気作家になると、サイン会や講演会、メディア出演などを通して、読者と直接コミュニケーションをとる機会にもめぐまれます。

漫画家

画家は、出版社等から依頼を受けて、雑誌・書籍・デジタル媒体などに掲載される漫画を描く仕事です。

週刊連載の娯楽漫画家だけではなく、書籍ジャンル学習漫画などを描く人もいます。

漫画家は、担当の編集者と二人三脚となり、アイデア出しやプロット(話の構想)作り、ネーム作りなどを進め、さらに下描きとペン入れ、仕上げ作業を行って、ようやく原稿が完成します。

面白いテーマやストーリーを考え、さらに個性的で魅力的な絵を描くことができれば、爆発的なヒット作としてたくさんの人々に読まれる漫画を世に残すことができます。

絵本作家

絵本作家は、ストーリーを考え、絵を描き、絵本を制作する仕事です。

まずは伝えたいテーマを考え、全体の構成と話の流れを決めたうえでセリフや絵の下書きを書いていきます。

さらに下書きに色をつけ、仕上げをして一冊の絵本が完成します。

このようなストーリーと絵の両方の作業を一人でする人もいれば、分業で作る人もいます。

魅力的な絵本は、たくさんの子どもとその保護者に読まれることはもちろん、魅力的なイラストや世界観によって、一般の大人をも惹きつけることができます。

アニメーター

アニメーターは、アニメーションの基となる絵を描く仕事です。

アニメーション作品は膨大な枚数の絵から成り立っており、その1枚1枚を描いていくのがアニメーターです。

動画のポイントになる絵を描く人は原画マン、その間のコマを描いていく人は動画マンと呼ばれ、そのリーダー役として原画マンと動画マンが描いた絵をチェックする作画監督もいます。

たくさんの絵が組み合わさることで、最終的にひとつの作品として人々を楽しませるアニメーション作品になります。

脚本家

脚本家は、「シナリオライター」と呼ばれることもあり、映画やテレビドラマ、演劇、ゲームなどの基本的なストーリー骨組みや物語の設計を表す脚本を書く仕事です。

オリジナルの脚本を書く場合と、原作をもとにして書く場合があります。

脚本作りの際には、監督やプロデューサーとも意見を交わしながら、ストーリーや登場人物を設定し、セリフや心理描写、登場人物の動きなどまで細かく加えて作成していきます。

小説とは異なり、視覚的・映像的な動きを意識した脚本作りのスキルが求められる仕事です。

演出家

演出家は、映画やテレビドラマ、演劇、ミュージカル作品などを制作する際に、演出面の指揮をとる総責任者です。

俳優の演技や音楽、照明、美術、カメラワークに対して指示を出し、より効果的な脚色を加えて作品の世界観を作り上げていきます。

演技や舞台芸術に関する知識はもちろん、高い指導力や表現力、脚本解釈のための想像力なども求められる仕事です。

監督の下で演出を担当するのが一般的ですが、現場によっては演出家が監督役を兼任することもあります。

イベントプランナー

イベントプランナーは、各種展示会、セミナー、コンサート、スポーツイベントなどのさまざまなイベントを企画・準備・運営する仕事です。

イベントの目的やテーマに基づいて、来場者や観客を楽しませて場を盛り上げるための方法を考え、事前準備から音響や照明、美術効果といった会場作り、宣伝・告知、当日の運営にまでトータルで携わっていきます。

普通、イベントの規模が大きくなるほど関わるイベントプランナーの数は多くなり、分業して仕事を進めることが多くなりますが、他のスタッフと一丸となって感動的なイベント作りのために力を発揮します。

演じることで人に感動を与える仕事

次に見ていくのは、役柄を演じることで感動を与える仕事です。

まずは「俳優・女優」です。

この仕事では、おもにドラマや映画、舞台などで活躍し、作品の登場人物の役柄を演じたり、パフォーマンスをすることで、人々に感動や興奮、喜びなどを与えていきます。

他の出演者やスタッフとも協力しながら、魅力的な作品を作り上げていきます。

同じような演じる仕事でも、とくに舞台や映画を中心に活躍しているのが「舞台俳優」と呼ばれる人たちです。

作品には脚本や台本が用意されており、監督や演出家の指示に従って、自分の声と身体を使ってセリフや感情を表現しながら、作品の世界観を作り上げていきます。

俳優・女優

俳優・女優は、テレビドラマや映画作品、あるいは雑誌などの各種メディアに出演し、役柄を演じたりパフォーマンスをする仕事です。

関わる作品が決定したら、自らが演じる役に没頭する必要がありますが、自分一人だけで出演することはほとんどなく、他の多くの共演者やスタッフたちと協力し合いながら、ひとつの作品を作り上げていきます。

自らの個性を生かすことも大事ですが、監督や演出者の意向に沿った演技をする表現力や想像力が求められます。

そして、一人でも多くの視聴者や観客の心を動かす演技を追い求め続けることが、俳優・女優の使命ともいえます。

舞台俳優

舞台俳優は、舞台や映画などに出演し、登場人物の役柄を演じる仕事です。

作品には脚本や台本が用意されており、監督や演出家の指示に従って、自分の声と身体を使ってセリフや感情を表現しながら、作品の世界観を作り上げていきます。

この仕事では、表現者としての高い意識や演技力を備えることはもちろん大切ですが、共演者やスタッフなど周りの空気を察知しながら、一緒に良い作品を作っていくという気持ちも欠かせません。

観客に感動を与えるパフォーマンスをするために、本番までには何度も何度も稽古を重ねていきます。

音楽を通して人に感動を与える仕事

音楽の世界でも、たくさんの人に感動を与える存在となって活躍することができます。

その代表的な存在が、楽器を演奏したり、歌を歌ったりする「ミュージシャン」です。

おもにロック、ポップス、ジャズなどポピュラー音楽(大衆音楽)の分野で活躍する人のことをいい、ライブハウスなどで演奏をしたりCDを出したりして、人々に自分の音を届けます。

ポピュラー音楽の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人は「シンガーソングライター」といいます。

自分の世界観を曲で表現し、多くの人の心に感動や希望を与えることができる仕事です。

一方、クラシックの分野で楽器演奏や声楽、作曲、指揮などに携わる人は「音楽家」と呼ばれます。

厳しいレッスンを重ねて表現力や技術力を磨き、芸術作品である音楽を聴衆に伝え、感動を与えていくことが音楽家の役割といえます。

そのような音楽家やミュージシャンが演奏する曲を作るのが「作曲家」です。

アーティストやクライアントから依頼を受けて曲作りを行うことが多く、ゲーム、映画、テレビドラマ、アニメなどで流れるBGMなどまで手掛ける人もいます。

また、曲に歌詞をつけていくのは「作詞家」です。

作曲家からデモテープをもらうと、メロディーに合わせて曲のテーマや世界観を表現する言葉をのせていきます。

ミュージシャン

ミュージシャンは、おもにロックやポップス、ジャズなど、ポピュラー音楽(大衆音楽)の演奏家として、楽器を演奏したり歌を歌ったりする人を意味します。

普段の仕事内容は、ライブハウスなどでの演奏活動を中心に、レコーディングをしてCDを出したり、人によってはテレビ出演や音楽学校の講師も務めます。

多くの人々が憧れる職業のひとつではありますが、世間から認知され、本当のプロとして食べていくのは簡単なことではありません。

ただし、自分自身の思いや個性を音で表現し、世界中の人に感動を与えていける可能性を秘めた仕事です。

シンガーソングライター

シンガーソングライターは、基本的にポピュラー音楽の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のことをいいます。

ピアノやキーボード、ギターなどの楽器を演奏しながら、弾き語りのスタイルで歌う人もいます。

他者に楽曲提供をしてもらうのとは異なり、自分自身の世界観を詞や曲に込めて歌で表現することができ、多くの人の心に感動や希望を与えることができる仕事です。

音楽家

音楽家は、ピアノやヴァイオリンなどの器楽奏者、声楽家、作曲家、指揮者など、おもにクラシック音楽の領域で活動する人のことをいいます。

人によって専門分野は異なりますが、芸術作品である音楽を聴衆に伝え、感動を与えることが音楽家の役割です。

クラシック音楽の分野では、長い歴史の中で作られた理論やルールに基づいて演奏する必要があるため、音楽家たちは日々鍛錬を重ね、表現力や技術を磨いています。

作曲家

作曲家は、音楽を作曲し、曲をアーティストやクライアントに提供する仕事です。

作曲家が作る音楽は、歌手やミュージシャンがCDやライブなどで演奏するポップスやロック音楽をはじめ、ゲーム、映画、テレビドラマ、アニメなどで流れるBGMとしても使われます。

基本的にメロディーのみを作るのが作曲家の仕事ですが、なかには曲に言葉をのせていく作詞まで手掛けたり、歌のメロディー以外の伴奏部分、つまりカラオケのすべてのパート(ギターやドラム、管楽器や弦楽器など)を考える編曲にも携わる作曲家もいます。

自分の心から生まれたメロディーに込めた思いを、曲を通して多くの人の心に伝えていくことができます。

作詞家

作詞家とは、曲のメロディーに歌詞をつけていく仕事です。

大手プロダクションの有名アーティストの楽曲や歌謡曲、演歌など、さまざまな曲に歌詞を提供します。

曲のテーマや世界観に合う言葉をのせていく必要があり、さまざまな依頼内容に迅速に対応できる作詞家は需要が高く、多方面で活躍することができます。

自分が関わった曲が世の中に広まり、テレビや街中でふと耳にしたときには、大きな達成感や充実感が得られるでしょう。

その他の仕事

ここまで紹介してきた以外にも、さまざまな場で感動を与える仕事ができます。

たとえば、人生の思い出に残る結婚式をプロデュースする「ウエディングプランナー」という仕事があります。

この仕事では、新郎新婦と打ち合わせを重ねて料理や衣装、ヘアメイク、演出などを決定し、式の当日までトータルでサポートします。

お客さまの要望に応えながら、そこにプロとしてのアドバイスを加え、思い出に残る式を作り上げるのが、ウエディングプランナーの役割です。

続いて、美容室やヘアサロンなどで活躍し、ヘアスタイルを作っていく専門家が「美容師」です。

お客さまの好みや髪質を考慮したうえでカット、カラーリング、パーマ、ヘアセットなどの施術をし、お客さまをより輝かせ、美しくします。

また、サッカー、野球、ラグビー、テニスなど、多種多様なスポーツに携わって試合で戦う「スポーツ選手」も、人々に感動を与える仕事といえるでしょう。

スポーツ選手は日頃から厳しいトレーニングやコンディション調整を行い、試合でベストなパフォーマンスが発揮できるように自分を磨き続けます。

続いて紹介する「ジャーナリスト」は、ニュースや話題を追いながら、自身の見解を加えた解説・批評を行う仕事です。

自分が発信した記事を通して人々に共感や気づき、驚きなどを与えることができるのは、この仕事の特徴です。

そして、おいしい料理を通して人を喜ばせたり、幸せな気持ちにさせるのが「調理師」です。

確かな料理の知識・技術を発揮して厨房で腕を振るい、自分が心を込めて創意工夫した料理に満足してもらえることは、調理師にとって何よりの喜びといえます。

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーは、結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする仕事です。

衣装や料理、演出などについて、お客さまである新郎新婦の意見や要望を聞きながら、プロの視点で最善の案を提案し、素晴らしい結婚式になるよう当日までトータルでサポートしていきます。

最初の打ち合わせから式当日までには、長ければ1年ほどの時間がかかることもあり、お客さまと信頼関係を築いて、無事に披露宴・結婚式が終わったときにはウエディングプランナーにとっても喜びや感動に包まれます。

美容師

美容師は、お客さまの髪の毛のカット、カラーリング、ヘアセット、パーマなどの施術をし、希望のヘアスタイルを作り上げる仕事です。

おもに美容室やヘアサロンに勤務し、お客さまの希望をカウンセリングをしたうえで、髪質なども考慮しながら理想のヘアスタイルに仕上げます。

美とヘアスタイルの専門家として、お客さまをより輝かせ、美しく見せることが美容師の役割といえます。

スポーツ選手

スポーツ選手とは、サッカーや野球、ラグビー、テニス、水泳、陸上といったさまざまなスポーツのプロフェッショナルとして、競技を続ける人のことを意味します。

試合に出て良い成績を収めることがスポーツ選手の大きな目標となりますが、そのためには日頃から地道なトレーニングや訓練を続けたり、ケガ防止のためのコンディション調整に励んだり、しっかりと栄養管理を行ったりしなくてはなりません。

真剣に勝負に挑み、全身全霊で競技に立ち向かう姿は、いつも観客に勇気を与えてくれる存在といえます。

ジャーナリスト

ジャーナリストは、世の中のさまざまなニュースや話題を追いながら、新聞や出版などのメディアを通じて自身の見解を加えた解説・批評を行う仕事です。

さまざまな分野の話題を扱いますが、内容を一般の読者に分かりやすく、噛み砕いて解説し、ときには自分自身の主張や考え方を提示することが、この仕事の大きな役割となります。

自分が発信した記事によって、人々に共感や気づき、驚きなどを与えることができる仕事です。

調理師

調理師は、レストランや料亭、ホテルなどで料理を作る仕事です。

調理師の免許がなくても料理の仕事につくことはできますが、「調理師」と名乗ることができるのは、調理師国家試験に合格した人のみです。

現場では下積みが必要になることが多く、一人前の調理師になるには時間もかかります。

技術が身につき、自分が思いを込めて創意工夫した料理をたくさんの人がおいしく食べてくれることは、調理師にとって何よりの喜びとなります。

ここでたくさんの職業を紹介してきたように、人に感動を与える方法は、決してひとつだけではありません。

自分の得意なことや好きなことを生かしながら、たくさんの人を幸せな気持ちにでき、感動を与えられる仕事を見つけてみてください。