夢の実現をサポートする職業・仕事(読了時間:9分54秒)

夢は、私たちの人生を豊かにしてくれます。

若い人だけでなく、大人になってからも夢を持てるのは素晴らしいことだといえるでしょう。

夢を実現させていくには本人の努力が最も大事だといえますが、それを応援してくれたり、上手にサポートしてくれたりする周りの人の力も欠かせません。

今回は、そのような夢を追う人をさまざまな方面からサポートする職業、仕事について紹介していきます。

教育に携わり、能力を伸ばすための指導をする仕事

その人が持つ能力を引き出して、伸ばしていくための指導をする仕事の代表格が「教師」です。

小・中・高校の教師として国語や数学といった各教科の指導にあたるほか、生活指導や部活動指導、進路指導などを行い、生徒がイキイキと学校生活を送り、希望の道へまっすぐ進んでいけるようにサポートします。

予備校講師」は、おもに大学受験対策を行う予備校に勤務し、高校生や高卒生に向けて受験に向けた指導を行う仕事です。

学校の教師のように教員免許は必要なく、自分の専門とする科目についての知識やスキルを生かして活躍します。

「専門学校講師」は専門学校に勤務し、その専門学校のカリキュラムに基づき指導を行う仕事です。

専門学校では、職業に直結する授業が行われることが多く、学生が実践的なスキルを身につけ、希望の就職が実現できるようにサポートしていきます。

大学教授」は、大学に通う学生に対して自分の専門分野に関する授業を行うとともに、専門分野の研究をし、研究の成果を論文や学会で発表します。

大学教授の専門分野は、文学、法学、心理学など人それぞれ異なり、自身の研究分野を究めながら学生や後進の研究者を育てます。

また、大学の経営や運営のための会議に出席したり、さまざまな業務に携わったりもします。

教師

教師は、小・中・高校の教師として国語や数学といった各教科の指導にあたる仕事です。

このほか、生活指導や部活動指導、進路指導などを行い、ときにやさしく、ときに厳しく生徒と向き合いながら、生徒がイキイキと学校生活を送り、希望の道へまっすぐ進んでいけるようにサポートしていきます。

一人ひとりの生徒の個性や特徴を見極めて接していくこと、また保護者と円滑なコミュニケーションをとっていくことも重要です。

予備校講師

予備校講師は、おもに大学受験対策のための予備校に勤務し、各教科の指導を行う仕事です。

高校生や高卒生を対象とすることが多く、学校の教師のように教員免許は必要ありませんが、自分の専門とする科目についての知識やスキルと、わかりやすい授業ができる力が求められます。

最終的に、学生たちが自分の希望する進学先へ進んでいけることが、予備校講師に課せられた使命だといえるでしょう。

常勤で正社員として働く予備校講師もいますし、非常勤にて複数の予備校での講師業を兼任したり、書籍の執筆や講演会など別の仕事も行いながら予備校講師として働く人もいます。

専門学校講師

専門学校講師は、専門学校に勤務し、その専門学校のカリキュラムに基づいた指導を行う仕事です。

専門学校では、さまざまな職業に直結する授業が行われることが多いため、指導を行う分野に対しての専門性を持っていたり、高いスキルのある講師が活躍できます。

専門学校講師は、在学中に学生が実践的なスキルを身につけ、希望の就職が実現できるようにサポートしていきます。

このほか、日々の授業の準備やテストの採点、進路指導を行ったり、学校運営活動などにも携わることがあります。

大学教授

大学教授とは大学に所属し、学生に指導をしたり、研究活動などを行ったりする人のことをいいます。

具体的な仕事内容は、大きく「教育」「研究」「大学運営」の3つに分けられます。

教育は、大学などで講義を行い、研究指導・助言をして学生や後進の研究者を育てます。

研究は、論文や書籍を執筆したり、実験やフィールドワークを行ったりなどして自身の専門分野を深く研究していきます。

大学運営は、職場でもある大学の経営や運営のための会議に出席し、各種業務を担当します。

ゼミなどの場で学生と日々交流を深めながら、将来、研究者やビジネスパーソンとして活躍できる人材の育成を目指します。

悩みの相談にのり、アドバイスをする仕事

夢に向かって努力を続けている途中には、壁にぶつかって悩んでしまうこともあるかもしれません。

そのようなときに、そっとその人の背中を押したり、相談にのってアドバイスをしたりする仕事があります。

キャリアカウンセラー」は、就職・転職をはじめとした、人の生き方に関してのカウンセリングを行う仕事です。

相談者が自分自身ときちんと向き合って抱えている課題や問題を発見し、自らの価値を見出して自己実現できるよう、カウンセリングなどの専門技術を使いながら支援します。

メンタルトレーナー」は、相談者が抱える悩みやストレスのケア、問題解決、目標達成などを目的として、メンタル面からサポートをする仕事です。

相談者の心の状態を改善して力をより発揮できる状態にしたり、緊張や不安を取り除いて主体的に動いたりできるよう、カウンセリングやコーチングといった心理学系の手法によって支援していくことが、メンタルトレーナーの役割です。

キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラーは、就職・転職をはじめとした「人の生き方」に関するカウンセリングを行い、自己実現を支援する仕事です。

キャリアというと、仕事に関することがイメージされがちですが、それだけではなく勉強や趣味、ボランティア活動なども含めて、相談者がイキイキと自分らしい人生を送っていけるよう、カウンセリングを行い、相談者が具体的な問題の解決策を見つけるところまで導きます。

活躍の場は人材派遣会社や一般企業のほか、大学や高校、専門学校など教育機関などにも広がっています。

メンタルトレーナー

メンタルトレーナーは、クライアントが抱える悩みやストレスのケア、問題解決、目標達成などを目的として、メンタル面からサポートをする仕事です。

心理学をベースにしたカウンセリングやコーチングなどの技法を実践し、相談者の心の状態を良くすることで、相談者が主体的に動いて望む結果が出せるようにサポートしていきます。

心と身体は密接につながっていることから、メンタル面を整えることで、身体のパフォーマンスも良くなると考えられています。

スポーツやビジネス、芸術、教育、医療など多岐にわたる領域でニーズがある職業です。

資金面についてのサポートをする仕事

夢の実現のためには、まとまったお金が必要になることもあります。

自己資金ですべてをまかなうことが難しい場合などに、金銭面のサポートを行うことで夢を応援する仕事を紹介します。

銀行員」は、銀行に勤務する人のことをいい、預金、貸付、為替などの各領域で営業や事務などの仕事に携わります。

資金を必要としている企業や個人のお客さまにお金を融資する貸付業務も、銀行員にとっての大事な仕事の一部です。

また、ベンチャー企業など、高い成長が予想される未上場企業に対して出資を行うベンチャーキャピタルという種類の企業で働くのが、「ベンチャーキャピタル社員」です。

ベンチャーキャピタル社員の仕事内容は、案件発掘やコンサルティング、経営支援など多岐にわたりますが、これから伸びていきそうな企業を見つけ、順調に成長できるように支援するのが大きな役割となります。

一方、創業まもない起業家に対して、個人で資金の援助を行うのが「エンジェル投資家」と呼ばれる人です。

エンジェル投資家の多くはその人自身が裕福であり、出資先を決める際には事業の将来性や有望性を見ながら、次世代起業家を応援するために出資を行います。

銀行員

銀行員とは、銀行に勤務する人のことを意味します。

銀行の仕事は、大きく「預金業務」「貸付業務」「為替業務」の3種類に分けることができ、銀行員は営業や管理などの職種に就き、お金に関するさまざまな取り引きをサポートしています。

夢の実現をサポートするという面で最も近しい業務は、資金を必要としている人にお金を融資する貸付関連の仕事でしょう。

銀行では、企業が事業拡大のための運転資金を確保するときや、個人が住宅を建てるために大金を必要とするときに、その資金繰りの土台を支える役割を果たします。

ベンチャーキャピタル社員

ベンチャーキャピタル社員とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業など、高い成長が予想される未上場企業に対して出資を行う「ベンチャーキャピタル(VC)」という種類の企業で働く人のことをいいます。

創業間もない企業は資金を集めるのに苦労することも多く、そこでベンチャーキャピタルは、成長が見込めそうな企業に対して投資家から集めた資金によって出資を行い、さらに成長支援のためのサポートを行います。

そして、最終的には株式売却による資金回収を行うことで利益を出していきます。

エンジェル投資家

エンジェル投資家とは、創業まもない起業家に対して、個人で資金の援助を行う人のことをいいます。

エンジェル投資家の多くはその人自身が裕福であり、これから成長が見込める次世代の起業家を支援したいという考えを持っています。

資金繰りに悩むベンチャー企業や中小企業が公的な融資を受けられない場合などに、エンジェル投資家の支援を受けて事業を伸ばしていくケースも多数見られます。

エンジェル投資家側は、出資先を決める際には事業の将来性や有望性を見ながら出資をし、投資の見返りとして、株の譲渡や利益の分配金などを受け取ります。

人の個性を伸ばし、スキルアップに貢献する仕事

個性をどんどん伸ばして、スキルアップしながら夢に向かっていこうとする人をサポートする仕事を紹介します。

ボイストレーナー」は、きれいな声を出したい人に対し、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をする仕事です。

トレーニングを受ける生徒は、クラシック系の声楽家やポピュラー系の歌手を目指す人から、俳優タレント声優アナウンサーナレーターなど、声を使う職業に就きたいと考える人までさまざまです。

ボイストレーナーは発声や歌唱の知識、技術を持つことはもちろん、わかりやすく指導をする力も必要になります。

スポーツトレーナー」は、スポーツ選手が最高のコンディションで試合や大会に臨めるように、おもに身体面から指導やサポートを行う仕事です。

日々のトレーニング指導、ケガや故障の予防と応急措置、選手のコンディションに合わせたリハビリなどの調整などが、おもな仕事内容です。

サポートするスポーツは、サッカーや野球などをはじめ、あらゆる種類のものに対応します。

また、芸能人の活動支援を行う芸能事務所で働く人は「芸能事務所社員」と呼ばれます。

芸能事務所では、具体的に独自の宣伝・営業ルートで所属タレントを売り込んだり、スケジュール管理を行ったり、クライアントとギャランティの交渉などを行ったりします。

芸能人が自身のパフォーマンスに専念できるよう、裏方でさまざまな支援を行うのが芸能事務所社員です。

編集者」は、書籍・雑誌・漫画など出版物の内容を企画し、記事を編集して作品として完成させていく仕事です。

小説家漫画家の担当になると、作家と二人三脚でアイデアを練ったり、今後のストーリー展開について打ち合わせを行ったりしながら走り続ける日々になります。

ボイストレーナー

ボイストレーナーは、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をする仕事です。

トレーニングを受ける生徒は、クラシック系の声楽家やポピュラー系の歌手を目指す人から、俳優、タレント、声優、アナウンサー、ナレーターなど、声を使う職業に就きたいと考える人までさまざまです。

指導内容は、きれいな声を出すための発声法や呼吸法にはじまり、音程のとり方、裏声の出し方、喉のケアなど多岐にわたります。

自身が歌手や声楽家として活躍しながら、音楽教室などでボイストレーナーの仕事をしている人もいます。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、選手がコンディションを保ち、最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートする仕事です。

サッカーや野球をはじめ、多様なスポーツ選手と向き合い、普段のトレーニング指導、ケガや故障の予防と応急措置、選手のコンディションに合わせたリハビリなどの調整を行います。

人間の身体の構造や機能、トレーニング理論などの知識が求められる仕事であるため、医療系の専門学校や大学の体育系学部で学び、日本体育協会の「アスレティックトレーナー」や「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」などの資格を取得して働くいる人が多くなっています。

芸能事務所社員

芸能事務所社員とは、芸能人の活動をサポートする芸能事務所で働く人のことを意味します。

芸能事務所では、具体的に独自の宣伝・営業ルートで所属タレントを売り込んだり、スケジュール管理を行ったり、クライアントとギャランティの交渉などを行ったりしながら、芸能人が自身のパフォーマンスに専念できるよう、裏方でさまざまな支援を行います。

芸能人にとっては、芸能事務所に所属することで、芸能活動の困りごとが出たときにすぐ相談できたり、いざというときのトラブル対応なども行ってもらえるという安心感が得られます。

編集者

編集者は、書籍・雑誌・漫画などの出版物を企画・編集する仕事です。

編集者が扱う本のジャンルはさまざまですが、小説家や漫画家の担当になると、作家と二人三脚でアイデアを練ったり、今後のストーリー展開について打ち合わせを行ったりする日々が続きます。

また、完成した原稿の内容を確認し、決められた期日通りに印刷工程に進めるようにスケジュール管理も行います。

作家のよきパートナーとなり、より面白い作品、多くの読者に受け入れてもらえる作品を生み出すために力を発揮する仕事です。

夢に向かって頑張っている人を見るのは、とても気持ちがいいものです。

そんな人たちをサポートする方法は、ここで紹介してきたようにたくさんあります。

夢の実現をサポートする職業、仕事に興味を持っている人は、ぜひ自分らしく働けるものを見つけてみてください。