進学大学生の一人暮らしにかかるお金(読了時間:3分21秒)

大学進学をきっかけに、はじめて親元を離れて一人暮らしをする人もたくさんいます。わくわくする一方で、食事作りや掃除・洗濯など、一人でできるかちょっと不安かもしれません。 また、一人暮らしの場合は自宅から学校へ通うのと違い、家賃や生活費といったお金もかかります。 一人暮らしでは、いったいいくら必要になるのでしょうか? 遠方の学校に進学を希望しているのなら、家族と一緒に確認しておきたいものです。

どんなところに住むかで違う家賃

一人暮らしをして大学に通うことが決まれば、まず住まい選びをしなくてはなりません。

学校によっては費用が安い学生寮を利用することもできます。利用者は少数派ですが、朝・夕2食付きの下宿は、自炊をしない学生には便利です。

ただし、希望者全員が入れるとは限らないため注意が必要です。

多くの学生が利用しているのが、いわゆる賃貸のマンションやアパートです。

「バス・トイレ別」「ロフト付き」「音大生用に防音がしっかりした部屋」など、部屋ごとに条件が異なります。

しかし、当然、よい条件の部屋になればなるほど家賃は上がる傾向にあります。

同じエリアの物件であっても、建物の新しさやオートロックといったセキュリティ設備、駅からの距離、部屋の広さなどによって、家賃が何万円も異なることもあります。

どうしても家賃を下げたいのであれば、一般的に物件の築年数や立地など、どこかを妥協する必要が出てきます。

通学の便やセキュリティ、自炊をするかどうか、といった理想の暮らし方と予算をよく比べて、住む部屋を決めましょう。

アパートを借りるときと、家具・家電の購入に必要なお金

マンションやアパートを契約する際に必要になるのは、敷金(しききん)・礼金、最初の月の家賃、火災保険料、不動産屋に払う仲介手数料などです。

敷金というのは、部屋を傷つけてしまったときの修理代などに使われるお金です。何もなければ退去するときに返ってきます。

礼金は戻ってきません。どちらも家賃2か月分からゼロ円まで、物件によって異なります。

火災保険料は、部屋の中にある家財に対する保険のかけ金です。2年契約で15,000円前後になります。

不動産屋への仲介手数料は、家賃の1か月分が一般的です。

また毎月、家賃のほかに、管理費や共益費、駐輪代や駐車場代が加わることもあります。

家賃は地域差が大きいものです。もっとも高いとされる、東京周辺の私立大学に通う新入生では、家賃は平均6万1800円、敷金・礼金が21万8100円となっています。

生活用品を揃える

部屋が決まったら、次は、家具や家電、生活用品です。

自分が必要なものをまずリストアップしてみましょう。エアコンや冷蔵庫は、すでに付いている部屋もあります。

生活するにはさまざまなものが必要になります。

一人暮らしに必要な、家具・家電・生活用品の例

机・本棚・ベッド・テーブル・こたつ・エアコン・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・洗濯機・掃除機・テレビ・パソコン・プリンタ・カーテン・カーペット・ソファ・タンス・アイロン・台所道具・食器

すべて一度に揃えると大変な場合は、すぐに使うものと、生活を始めてから揃えるものとに分けて準備するとよいでしょう。

家具・家電などの生活用品費には、20万~30万程度はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

安く揃えるためには、ネットのオークションやリサイクルなどを活用するのも一つの手段です。

毎月の生活にかかるお金

親元で生活していると、食費をはじめ、生活するのにいったいいくらかかるのか、見当もつかないのではないでしょうか。

寮以外で一人暮らしをしている大学生の生活費は、およそ月9万円といわれています。その内訳を見ていきましょう。

食費

一般的な生活をすれば、食費は月に約2万円かかります。栄養を考えたり、節約したりするために、自炊を頑張っている学生もたくさんいます。

学生でも社会人でも、元気で勉強や仕事をするために、食事はとても大切です。

通信費

いまや、ほとんどの学生が携帯電話やインターネットを使います。そのための費用は月に1万円程度かかるでしょう。

光熱費

ガス、水道、電気を使うにもお金がかかります。使った分によって費用は変わりますが、だいたい月に7,000円~9,000円程度になることが多いでしょう。

真夏や真冬にエアコンを長時間使う場合は、電気代が大きく跳ね上がることもあります。

娯楽費

10~20代は、友だちを作ったり、音楽やアート、スポーツを楽しんだりして、さまざまなことを吸収する時期です。サークルやゼミなどの飲み会に参加するときもあるでしょう。

もちろん、そこにもお金がかかってきます。しかし、学生割引を利用するなどでお金をかけない工夫はできます。

一人暮らしにかぎらず、大学生は娯楽費に、月1万円あまりを使っている人が多いようです。

その他

生活費のほかに、通学費や書籍代などの学費が毎月1万円ほどかかることが多いです。あわせて、最低でも1か月10万円ちょっとは必要になると考えておいたほうがよいでしょう。

このような一人暮らしの生活費に対して、親からの仕送りは、月間8万円ほどが多いようです。 これだけでは足りない場合がほとんどであるため、多くの学生たちは、奨学金やアルバイトによって補っています。 もし一人暮らしをするなら、家族にお金の負担をお願いし、自分自身もきちんと生活して勉強に励む、という気持ちを強く持つことが大切です。