キャリアチェンジとは(読了時間:3分36秒)

あなたは「キャリアチェンジ」という単語を聞いたことがありますか?

「キャリア」とはこれまで積み重ねてきた経験や経歴、広い意味で「仕事」を指す言葉ですが、ではキャリアチェンジとはいったいどういう意味なのでしょうか。

キャリアチェンジとは


そもそも「キャリアチェンジ」とはなにかというと、今まで経験してきた仕事を辞めてまったく別の仕事に就くことです。

今までの仕事の経験を活かして転職するのではなく、まったく未経験な分野に進むことを「キャリアチェンジ」と呼びます。

キャリアチェンジする理由は人それぞれですが

「今の仕事にやりがいを感じない」
「もっと将来性のある仕事に就きたい」
「今の仕事よりも年収が高い仕事に就きたい」

といった理由が多いようです。

キャリアチェンジの具体例

キャリアチェンジには大きく分けて二つの考え方があります。

一つは「業界を変えるキャリアチェンジ」です。

例えば、それまでIT業界で働いていた人が、それまで勤めていた会社を辞めて旅行業界へ転職する、といったような場合です。

そして二つ目は「職種を変えるキャリアチェンジ」です。

今まで営業一筋で仕事をしてきた人が、転職をして人事の仕事に就くといったケースです。

中には、業界も職種も変えて、まったく新しいキャリアをスタートさせる場合もあります。

またそもそも会社員という働き方ではなく、自分で仕事を受注してお金を稼ぐ「フリーランス」への転職をする人もいます。

このようなケースもキャリアチェンジの一例と言うことができるでしょう。

キャリアチェンジのいいところ

それでは、キャリアチェンジの良いところはどのようなところにあるのでしょうか。

新しいキャリアを積める

キャリアチェンジをすると、新しい仕事をすることになります。

営業・人事などの職種が同じでも、業界が変わると仕事のやり方はまったく違ってきますし、覚えるべき知識も変わってきます。

だからこそ日々新しいことを学ぶことができます。

そうして得た経験や知識がその後の仕事に活きてくるのです。

モチベーションがアップする

キャリアチェンジをすると、それまでとはまったく違う仕事をすることになります。

未経験の仕事をすることは大変な面もありますが、新しい刺激を得る事ができますので、仕事へのモチベーションがアップします。

その結果、仕事へのやりがいを感じることができて、毎日が充実するというメリットがあります。

キャリアチェンジのデメリット

キャリアチェンジには良い面もありますが、一方で悪い面もあります。

給料が下がる

一般的に、キャリアチェンジをすると月収や年収といった給料が下がってしまいます。

未経験の業界や職種に転職するわけですから、これまで培ってきた知識やスキルが通用しなくなってしまいます。

すると、一時的にできる仕事が少なくなってしまうので、それだけ給料が少なくなってしまうのです。

一から始める必要がある

キャリアチェンジをすると、まったく新しい仕事を始めることになります。

それまで培ってきたものがリセットされますので、新しく一から始めることになります。

それは楽しい面もありますが、当然大変なことでもあります。

キャリアチェンジするべき年齢とは

キャリアチェンジはいつすべきなのかと言いますと、特に決まりはありません。

自分がキャリアチェンジをしたいと思った時にすればよいのです。

とは言え、チャリアチェンジに適した年齢というものがあるのも事実です。

キャリアチェンジに適しているのは、二十代半ばから後半

キャリアチェンジに一番適しているのは、二十代半ばから、二十代後半にかけてです。

まず、キャリアチェンジするためにはキャリアチェンジする理由があります。

「この仕事は自分には合わないな」
「自分の仕事と給料の金額が合っていないから仕事を変えよう」

こういったキャリアチェンジの理由は、実際にある程度の期間働いているからこそ生まれるものです。

一日働いただけではその仕事が自分に合っているかどうかは分かりませんし、自分の仕事ともらっている給料が見合っているのかも働き始めてすぐには分かりません。

二十代前半から働き始めたとして、キャリアチェンジの判断ができるようになるのは二十代半ば頃になることが多いのです。

また、転職の募集は未経験の場合「三十歳未満」としている企業が多く、三十歳を超えてからの未経験での転職は難しいとされているのです。

ですからキャリアチェンジは二十代半ばから二十代後半がもっとも適した年齢ということになります。

キャリアチェンジの方法

キャリアチェンジをするためにはいくつかの方法があります。

転職サイト

いまやインターネット上にはたくさんの転職サイトが存在します。

その中から自分の年齢やキャリアチェンジしたい業界や職種にあった転職サイトを利用してキャリアチェンジします。

転職エージェント

転職サイトの他に「転職エージェント」を利用する方法もあります。

転職エージェントとは、あなたがしたいと思っているキャリアチェンジに対して

「このような仕事はどうですか?」
「こんな会社がありますよ」

といったようなアドバイスをしてくれる人のことです。

また、転職する会社や業界に適した面接アドバイスなどもしてくれます。

転職エージェントはその多くが無料で利用することができます。

知人の紹介

上記のような方法以外にも、知人による紹介でキャリアチェンジすることも可能です。

かつて同僚だったり、学生時代の友人だった人から誘われてキャリアチェンジをするなんていうケースも多いようです。

キャリアチェンジとは、今まで経験してきた仕事とはまったく異なる仕事を始めることです。

一度働き始めると、思い切って舵を切り新しい仕事を始めるということが怖く感じられるかもしれません。

しかし、キャリアチェンジをしたことでより充実感を持って仕事ができたり、いただける給料の金額がアップしたりするかもしれません。

必ずしなければならないというものではありませんが、キャリアチェンジという方法もある、ということは覚えておいて損はないのではないでしょうか。