美容専門学校の就職先、就職率、卒業後(読了時間:1分34秒)

美容専門学校を卒業した先輩たちの大半は、美容業界へ進んでいます。

しかし、美容業界といってもさまざまな就職先があります。

ここでは、美容専門学校卒業生のおもな就職先や、卒業後の様子について紹介していきます。

美容業界の就職先について

美容専門学校では、美容師を中心に、学校によってはネイリスト、ヘアメイクアップアーティストエステティシャンといった、幅広く美容に関わる職業に就くための知識・技術を身につけることができます。

そのため、美容専門学校を卒業した人のほとんどは上記のような仕事をしており、就職先としては以下のようなものが挙げられます。

・ヘアサロン、美容室
・ネイルサロン
・エステサロン
・リラクゼーションサロン
・ヘアメイク事務所

など。

また、美容と関わりの深いブライダル関連企業や化粧品関連企業へ就職し、美容専門学校で学んだことを生かして活躍している人もいます。

就職率はどれくらい?

美容専門学校の就職率は学校によって異なりますが、おおむね高い数字を誇っているといえるでしょう。

学校によっては「就職率100%」と打ち出しているところもあり、その数字を見ると、夢が一気に近づくような気持ちになるかもしれません。

しかし、ここでいう就職率の考え方は、学校によって少々異なる場合があるため注意が必要です。

たとえば、途中で退学してしまった学生は含まず、あくまでも美容業界への就職を希望した学生だけで就職率が計算されていることもありますし、全員が志望度の高いサロンなどへの就職が決まるとは限りません。

もちろん、美容専門学校に通う学生は意欲的な人が多いため、しっかりと就職できている人が多いのも事実ですが、希望通りの就職をするには本人の努力も不可欠です。

就職サポートに力を入れている学校は多い

美容専門学校では、カリキュラムを修了して国家試験に合格し、無事に美容師免許を取得できるようにさまざまなサポート体制があります。

国家試験の対策授業が早くから行われていたリ、実技の苦手なところは何度でも講師にチェックしてもらい、できるようになるまで練習できたりします。

美容専門学校には、美容業界とのネットワークを駆使して、たくさんの求人や就職情報が集まります。

こうした学校のサポートを受けながら、国家試験合格に向けて、そして就職活動に取り組める環境が整っているといえるでしょう。

美容専門学校からは、毎年、多くの人が美容師としての第一歩を踏み出しています。

卒業生の進路や就職サポートに関する情報はたいてい公開されていますので、たくさんの美容専門学校の中から、本当に自分が安心して学べそうな学校を選びましょう。