美容専門学校から目指せる職業・仕事(読了時間:1分29秒)

美容専門学校で勉強した人たちは、卒業後、いったいどのような職業に就いているのでしょうか。

ここでは、美容専門学校卒業生の代表的な就職先や、仕事内容について見ていきましょう。

どんな職業に就ける?

美容専門学校から目指せるおもな職業や仕事としては、以下のようなものが挙げられます。

美容師
・ヘアメイクアップアーティスト
ネイリスト
エステティシャン
・ブライダル関連
・化粧品関連

一般に、美容専門学校というと美容師になるイメージが強いかもしれませんが、多くの美容専門学校ではネイルやエステなども含め、「美容」という分野について幅広く学べる学科・コースが用意されています。

したがって、ネイリストやエステティシャンなどを志望する人が美容専門学校に進学することも多くあり、卒業後は、個々の希望に応じて上記で挙げたような多様な職業に就いています。

就職先の種類は?

美容業界には、さまざまな就職先があります。

美容師として働くのであれば、やはりヘアサロンや美容室への就職が最も多くなります。

ただし、それも全国展開する大手チェーンからエリアに特化した中規模サロン、あるいは個人経営の小さな店舗まで、多様な就職先の選択肢があります。

また、目指す仕事内容によってはネイルサロンやエステサロン、リラクゼーションサロンなども代表的な就職先となります。

そのほか、ブライダル関連企業や化粧品関連企業に就職し、美容専門学校で学んだ知識・技術を生かしている人もいます。

就職サポートについて

卒業後に美容業界への就職を目指す学生たちが大勢学んでいる美容専門学校では、就職サポートに力を入れているケースがほとんどです。

サロンなどとの業界ネットワークもあり、一人ひとりの学生が希望する道へ進めるよう、しっかりとサポートしてくれるでしょう。

美容専門学校に入学すると、1年次からキャリアに関する授業が行われたり、サロン見学や美容業界に就職した卒業生の講演会、サロン説明会、就職活動に向けた面接指導といった、就職に関する多様なイベントに臨むことになります。

日々の勉強とあわせて、早くから卒業後のことを本気で考えていくことによって、理想とする仕事に就ける可能性が高まるでしょう。

美容専門学校は全国に数多くありますが、学校ごとに置かれているコースやカリキュラム、就職サポート体制などが異なります。

自分が美容業界でどのような働き方をしたいのかをイメージしながら、さまざまな専門学校の情報を入手し、希望の進学先を決定してください。