ベストプラクティスとは(読了時間:2分37秒)

あるプロセスや業務などにおいて、最も良い結果を導くための最善の方法や技法のことを「ベストプラクティス」といいます。

業務変革や経営改善などでも用いられる「ベストプラクティス」について、詳しい意味や特徴を確認しましょう。

ベストプラクティスの意味

ベストプラクティスとは、ある技法や手法などにおいて最も良いとされる方法や事例をことです。

「最善の方法」や「最良の事例」、「最善策」と言い換えることもできます。

ある結果を出すために行われる手順や手法を同じ基準で評価し、その中で1番と認められたものが「ベストプラクティス」です。

また何かを行うにあたって「最も良い方法がある」という考え方を指す場合もあります。

ベストプラクティスはさまざまな分野で用いられる言葉ですが、ビジネスシーンでは企業の成功事例や業務改善・効率化を図る最良のプロセスまたはノウハウのことを意味します。

ベストプラクティスと業界標準

特に技術分野では「業界標準」という言葉がよく使われています。

業界標準とは業界内で最もよく使われている規格や製品などのことで、最適と認められているものです。

業界標準もベストプラクティスの一種で、多くの人が何度も利用を重ねることによって、効率的かつ効果的であることを証明。

その結果、標準として認められているのです。

ベストプラクティスとして認められない事例

結果だけをみた場合に最も良い技法やプロセスであっても、ベストプラクティスとして認められないケースもあります。

大きく2つに分けられ、1つ目は本来の意図とは違う効果が得られたことによってたまたま成功した場合。

2つ目は他では実践できない場合です。

ベストプラクティスとして認められるには、何度も実践されることによって、その方法が最も効率的かつ効果的であることが証明されていることはもちろん、だれでも再現可能な事例であることが必要です。

時間の経過とともに変化するベストプラクティス

ベストプラクティスは、1つの事例が常に最良ではありません。

時間の経過とともに変化するという大きな特徴を持っています。

技術の進化やビジネス環境の変化に伴って、ベストプラクティスも変化していきます。

ある時点では最良だったプロセスでも、他の最良なプロセスの出現によってベストプラクティスではなくなることが珍しくないのです。

例えば、ビジネスでの連絡に使われる電話。

インターネットが普及する以前は、顧客へアポイントを取るには電話をかけることが一般的だったため、顧客との最適なコミュニケーション方法のベストプラクティスには、電話に関する技法が数多くありました。

ところが現在ではメールやチャットなどの代替手段が普及したことで、顧客側が電話以外の方法で連絡を望むケースも増えています。

このように時代の変化とともに、最良の技法や手段も変化していくことを覚えておきましょう。

ベストプラクティスを分析する「ベンチマーキング」

ベストプラクティスの事例を比較・検討し、分析を行うことを「ベンチマーキング」と呼びます。

業務改革や改善はベストプラクティスを参考にして実施することで、短い期間で高い効果が期待できます。

自社のベストプラクティスを生み出すためには、最高・最良の事例をいくつも分析することが必要です。

ベストプラクティスの共有

企業内の業務においては、部署やベストプラクティスを共有するが企業全体のパフォーマンス向上につながります。

ベストプラクティスを共有することは、最良の結果を生み出すために必要な知識やノウハウなどを理解することと同じです。

成功事例だけでなく失敗事例や過去に起きた問題と解決策なども共有します。

良い方法を手探りで見つけようとする場合に比べて、時間やコストを大幅に削減することが可能です。

ベストプラクティスは、仕事はもちろん日常生活においても活用できる考え方。

効率的に行いたいことがある場合には、ベストプラクティスを比較して自分にとって最良の方法を探すところから始めてみてはいかがでしょうか。

職業を探す

医療

心理・福祉・リハビリ

美容・ファッション

旅行・ホテル

飲食

教育・保育

自然・動物

運輸・乗り物

出版・報道

テレビ・映画

音楽・ラジオ

芸能

スポーツ

マンガ・アニメ・ゲーム

広告・デザイン・アート

コンピューター

保安

法律

国際

金融

建築・インテリア

事務

販売

オフィス

企業

公務員

葬祭・宗教

その他