バランススコアカードとは(読了時間:2分26秒)

企業が戦略を立てる上で指標となるマネジメントシステムのひとつ、「バランススコアカード」。

ビジネスシーンやビジネスに関するコラムの中にたびたび登場するワードなので、ここで意味と使い方を知っておきましょう。

4つの視点から業績を評価する「バランススコアカード」

「バランススコアカード(Balanced Scorecard)」とは、ハーバード・ビジネス・スクール教授のロバート・S・キャプラン氏とコンサルタント会社社長のデビッド・ノートン氏により編み出された、企業の業績を評価するシステムです。

1992年に、世界最古のマネジメント誌である「Harvard Business Review」誌上で発表されました。

それまでは、業績は財務的な視点から評価や管理がなされるものでしたが、「バランススコアカード」では「財務の視点」に加えて、「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「学習と成長の視点」の4方向から戦略を立てます。

これにより、企業のビジョンや戦略をより明確にすることができ、財務の数値上の業績だけではなく財務以外の状況や経営品質からも、バランスのとれた業績の評価を行うことができるのです。

「バランススコアカード」の4つの視点

次の各視点からの目標、業績評価指標、ターゲット、具体的プログラムを設定することにより、企業の持つ有形・無形資産、将来的な投資などを含めた「今の業績」を総合的に評価します。

財務の視点

従来の財務の数値上の分析による業績評価です。

株主や従業員などのステークホルダー(利害関係者)の期待に応え、財務的に企業業績を上げるための基準を設定します。

顧客の視点

企業から顧客に対して、顧客から企業に対しての見方を考え、企業のビジョンを達成するために、どのように行動すべきかの基準を設定します。

業務プロセスの視点

自社が扱う商品のクオリティや業務内容に関する視点からの業績評価です。

財務的な業績の向上や顧客満足度の向上のために、業務プロセスをより良いものにするための基準を設定します。

学習と成長の視点

企業が持つアイディアやノウハウ、従業員が持つ意識や能力の視点から、組織や個人として、企業のビジョンを達成するためにどのように能力の向上を図るかの基準を設定します。

「バランススコアカード」のプロセス

1.ビジョンと戦略を設定する

ビジョンを実現できる具体的な目標に置き換えるプロセスです。

すでにビジョンと戦略を設定し終わっている場合は、将来に向けてビジョンと戦略の再検討を行います。

2.戦略目標と目標への道のりを設定する

1.で設定したビジョンと戦略を達成するための、より具体的な戦略目標と、戦略目標への道のりを作成します。

3.成功するための要因を設定する

1.2.を達成するために必要な要因を考えます。

経営者から従業員一人ひとりにまでビジョンと戦略を浸透させるために、事業部単位ではなく、企業全体や業界、環境なども考慮して、成功要因の分析や設定を行うことが大切です。

4.「KPI」を設定する

「KPI(Key Performance Indicators)」とは「重要業績評価指標」と訳され、目標の達成に向かってプロセスがきちんと実行されているかどうかを計測する役割を持つ指標です。

3.までのプロセスをどのように評価するかを決めることにより目標が数値化され、達成度合いが客観的に目に見えるようになります。

5.ターゲットを設定する

4.を受けて、実際の数値目標を誰が、またはどの部署が実行するのかを決定し、短期、中期の目標であるアクションプランを設定します。

「バランススコアカード」により、企業のビジョンや戦略がどんどん具体的になり、個々の従業員までが日々の業務の中で目標達成を意識することが可能になります。

経営トップは目標達成までの道のりを管理することができ、企業の組織力や成長力を強化していくことができるのです。