有名なクラブDJ

歴史を作ったクラブDJ

日本には、地方のクラブを中心にイベントに出演しているDJから全国に名が知れ渡っていてCDを発売しているようなDJまで、さまざまなDJがいます。

なかには世界を舞台に活躍しているグローバルなDJもいるのです。

その代表とも言えるのが、「DJ KENTARO(ケンタロウ)」でしょう。宮城県出身のDJ KENTAROは、2002年に世界最大のDJの大会「DMC World Final」に出演し、ワールドチャンピオンに輝きました。

これは日本人初というだけでなくアジア人初の快挙であり、大きな驚きや賞賛とともに世界にその名を知られることとなりました。まさにこの業界のトップランナーと呼べる存在です。

また、2012年には「DJ IZOH(威蔵)」が前述の大会のシングル部門でチャンピオンを獲得しています。日本人DJのテクニックは、世界に通用するレベルになっているということができるでしょう。

フィメールDJや芸能人も活躍

最近では、男性のDJだけではなくて女性のDJも増えてきました。女性のDJは通称「フィメールDJ」などと呼ばれています。

有名なフィメールDJの代表としては、「DJ KAORI」や「DJ LICCA」があげられます。女性DJは、センスやテクニックに加えて、容姿や雰囲気に華やかさや明るさなどがあるのも大きな特長です。

今後はますます女性DJの活躍が増えていくと考えられています。

さらに、すでに芸能人として有名になっている人がDJをすることで、たくさんのオーディエンスを集めることもあります。

たとえば、タレントやモデルとして活躍している「IMARU」さんや、芸人として活躍している「ナインティナイン・岡村隆史」さん、「ふかわりょう」さんなどが、ときどきDJとしてもステージに立っているようです。

ネームバリューのある人が出演することでチケットの売れ行きが良くなったり会場が盛り上がったりする効果があるといわれています。