クラブDJに向いている人、適性

音楽マニアな人

クラブDJになるために最も大切なことは、やはり「音楽が好き」であることでしょう。

ただし、「好き」と言っても、一般的なレベルではありません。とにかく深く音楽を愛していて誰にも負けないマニアックな知識があるようなレベルでなければDJは務まりません。

DJとしてイベントや飲食店で選曲をするようになれば、クライアントの要望や会場の雰囲気、客層や時間帯を考慮しながらベストなBGMを選び続けることが使命となります。

特定のジャンルの曲だけではなくてあらゆるジャンルの曲を、特定の年代の流行だけではなくて幅広い年代の流行を、特定の国の音楽だけではなくて世界中の国の音楽を貪欲に学ぶことが、最大の武器になります。

このような勉強にはたくさんの時間とお金がかかることを覚悟しておかなければなりません。

陽気で人懐っこい人

クラブイベントのような華やかな場で仕事をするDJは、陽気な性格のほうが場を盛り上げることができます。

ダンスミュージックの流れるフロアでたくさんのオーディエンスを踊らせるのが仕事なわけですから、やはり自分自身もノリノリで楽しめるほうが良いパフォーマンスにつながるでしょう。

また、DJとしてやっていくためには社交的であることも重要な要素となります。

この業界は人脈によって新しい仕事が舞い込んでくるということが多いですし、知り合いが多ければ多いほどイベントの際に集客しやすくなるので、誰にでも声をかけてすぐに親しくなれる人のほうが得をします。

陽気で人懐っこい人ほど仕事がしやすいのがクラブDJなのです。

DJが本当に好きといった情熱がある人

実際のところ、クラブDJの仕事は儲かりません。自費でCDやレコードを買い集めることになりますから、赤字となってしまうことすらあります。

ですが、「本当にDJが好きでたまらない」「次の日の仕事がつらくても朝まで楽しませたい」といった気持ちがあればクラブDJを続けることができるでしょう。

事実、第一線で活躍しているクラブDJの多くは「フロアにいるお客さんが、みんな笑顔になっているところを見ると、とっても嬉しくなる」と語っています。

長年クラブDJを続けている人は、「大変な時もあるけれど、本当に楽しいからこそ続けられる」といった感覚で仕事をしています。

クラブDJになることは誰でもできます。友人や知り合いのパーティで謝礼をもらい、DJブースで好きな曲を流していく。これは、立派なクラブDJといえます。

ですが、誰にでもなれるDJだからこそ、長年プロで続けていることが難しい職業。

「楽しい」を仕事にするためには、DJに対する誰よりも強い情熱が必要なのです。