クラブDJの給料・年収

専業で生活できる人はごくわずか

華やかなイメージの強いクラブDJですが、給料や年収はどのようになっているのでしょうか?

クラブでは数多くのDJが活躍していますが、実際にDJという選曲業のみで生活が成り立っている人はごくわずかです。

クラブDJという職業は副業としている人が多く、ほとんどの人は日中ほかの仕事をしています。DJとしての年収は非常に少ないことが多いでしょう。

ここでは飲食店やクラブの専属DJとフリーランスのDJ、それぞれの収入を見てみましょう。

店舗での専属DJの平均年収

まずは飲食店やクラブなどの店舗の専属DJの場合ですが、これはDJ本人の力量や仕事内容に応じて大きな差があります。

駆け出しのときは修行も兼ねてボランティア同然で引き受けていることもありますし、少しずつ仕事ができるようになると年収100万円に届くか届かないくらいの金額になります。

さらに、専属DJとして名前が通るようになり、音響や経営など店舗全体のマネージメントができるようになると、年収は100〜400万円ほどにアップしていきます。

いずれにしても、高収入というわけにはいかないことのほうが多いようです。

また、仕事用の音源を自分で用意しなければいけないため、音源購入のための費用がかかり、駆け出しのころは赤字となってしまうようなこともあります。

編集・選曲などの仕込みの時間もかかることを考慮すると、決して時給は高くないというのが現実でしょう。

DJはどちらかと言うと、収入の高さよりも「好きなことを思いきりやる」という喜びを感じられることが魅力の職業なのです。

フリーランスのDJの年収

特定の店舗との専属契約を結んでいないフリーランスのDJの場合は、収入はまさに「働いた分だけ」になります。

参加したイベントでもらう報酬の総額が年収となるので、その年は一切収入がなかったという人もいれば1000万円稼いだという人もいるでしょう。

ただし、年収の差は極端なピラミッド型となっており、年収1000万円も稼げるようなDJはめったにいません。

業界内で知らない人がいないくらいの有名人で、そのネームバリューだけでたくさんの集客が見込めるような特別なDJだけが、高い収入を得ることができます。

知名度があるDJの場合、イベント主催者が出演を依頼する場合に多額の出演料が発生するのです。

また、リミックスCDやプロデュースなどの作業で稼いでいる人もいます。

お金をもらえるまでの厳しい道のり

最近では不況の影響でクラブイベントが減っていることや、パソコンのアプリなどでBGMの編曲・編集などが簡単にできるようになったこともあり、DJの仕事が減り、年収も下がっているといわれています。

大箱と呼ばれる、大勢を集客できるクラブでの出演をした場合、数千円から数万のギャランティがありますが、レギュラーとして毎日のように出演したとしても年収は250万前後です。

さらには、駆け出しの場合は「ノルマ」のようなものがあり、「1人につき2,000円、5人は集客必須」といった提示をされ、達成できなかった場合、不足分は自腹となってしまうこともあります。

そのため、お金をもらえる段階になるまでも非常に険しい道といえます。

今後さらに給料が減ってしまうことも考えられるため、この仕事を職業として志すのであれば、覚悟が必要です。

本当に音楽が好きで人が好きでないと続かない

DJは、DJブースがあるお店を貸し切れば誰でもなることができます。

しかし、プロとして続けていく場合は意識の高さと情熱が重要です。人が集まる空間が好きで、自分の選曲で人が喜び、踊ってくれる、といったことが心から嬉しい人でないと続きません。

さらに、音楽知識に優れていること、最新の音楽やお店、客、時間帯などに合わせた選曲センスも問われます。

お金ではなく、DJという仕事にたずさわっているといったところでプライドや喜びを感じ続けていることが重要なのです。