クラブDJの求人・募集状況

さまざまな店で活躍

DJの活躍の場はさまざまです。

クラブでのダンスパーティや「レイブ」と呼ばれる大規模な音楽イベントでプレイをする以外にも、バーやカフェのような飲食店でBGMを選んだり、ウエディングシーンで音響の演出全般を担当したりと、その仕事内容は多岐にわたります。

いずれの場合も、仕事の仕方として「単発」で引き受けるケースと、専属契約を結んで「長期」で引き受けるケースがあります。

一般的には、クラブイベントやウエディングのように毎回イベントの中身や客層が大きく変わるところではフリーランスのDJにその都度仕事を依頼することが一般的です。

一方、飲食店のようなコンセプトがしっかりと固まった店舗における音響演出は専属契約のDJに全面的に任せることが多いようです。

求人情報はホームページやお店のブログ、店舗のポスターなどに出ていますが、この業界における求人情報は不定期にしか出てきませんし、出てきたとしても若干名の募集であることがほとんどです。

口コミでの紹介も多い業界ですので、DJとして仕事をしたいのであれば、

・店舗に何度も足を運んでオーナーやイベントの主催者に顔を覚えてもらい直接アピールする
・報酬の有無にこだわらずたくさんのクラブイベントに出演して顔を売る

などの努力を積み重ねるのもひとつの近道でしょう。

仕事は減る傾向に

DJの募集状況としては、決して楽観視できない状況のようです。

近年では消費税の増税や輸入食材の値上がりなどで経営的に厳しい状況に陥っている店が多く、DJを雇う余裕がないというケースも増えているのです。

インターネットを使えば簡単に流行の音楽を手に入れられることや、素人でもパソコンで曲と曲をつないで音を加工できるようになったことが、この動きにさらに拍車をかけているとも言えます。

今後もさらに、DJの募集が減ってしまったり報酬が減ってしまったりすることが考えられます。

この仕事一本でやっていくことに不安がある人は、副業を持てるようにしたり、ほかの仕事でも通用するようなスキルを磨いたりといったリスク管理をすることも必要です。