クラブDJの活躍の場

クラブイベントの主役に

「DJ」と聞いて多くの人がまず思い浮かべるのは、クラブで行われるイベントのステージで音楽を選曲しているDJの姿なのではないでしょうか。

DJが流す音楽に合わせて、フロアにいるたくさんのオーディエンスが踊ったり声をあげたりしながら盛り上がっていく…。DJはまさにクラブイベントの主役とも言える存在です。

このようなクラブで活動しているDJは、特定の店舗と専属の契約を結んでいることもありますし、フリーランスで活動しながらさまざまなクラブを出入りしていることもあります。

地方のイベントに出演して全国を飛び回っているDJもたくさんいます。

また、クラブに限らず、ダンスホールやディスコ、野外でのライブなどに出演することもあります。

飲食店を音楽で演出

DJのなかには、レストランやバーのような飲食店でのBGMの選曲を仕事にしている人たちもいます。

音楽はその店の雰囲気を作り上げる上で大きな役割を果たすものですから、DJは音楽での演出を担当しているともいえます。

客層や時間帯を見ながら最適な選曲をすることで、お客さんに心地よい時間を過ごしてもらうのが飲食店のDJの使命です。

店によっては、選曲だけではなく、音響や照明も担当するなど、空間のプロデュースを全面的に任されることもあります。

タレントやミュージシャンとしての活躍も

人気DJのなかには、本業のDJだけではなくてタレントやミュージシャンのような活動もしている人もいます。

音楽のアレンジを任される仕事だったり、他のミュージシャンの演奏の収録を手伝ったり…とその内容はさまざまです。

DJの仕事は定期的に依頼が入るとは限りませんし、単発の仕事の報酬がそれほど高くないことも珍しくありません。

「クラブだけ」「飲食店だけ」と活動の場を限定しながら十分な収入を得られる人はほんの一握りで、さまざまな場所での仕事を受けながらなんとかやっていくというケースのほうが一般的でしょう。

そのため、自然と活躍の場が広がっていくなかで、タレントやミュージシャンの仕事を引き受けることになるようです。