クラブDJの1日

仕事のスタイルはさまざま

クラブDJには、さまざまな仕事のスタイルがあります。

フリーランスで活動しながらクラブイベントに参加することをメインにしているDJもいれば、飲食店などの店舗と専属契約をして定時で働いているDJもいます。

いずれの場合もDJの仕事は夜行うことが多いので、昼の間に新譜をチェックしたり使用する曲を選んだり主催者と打ち合わせをしたり…という作業をしておくことになります。

ここでは、週末のイベントでピークタイムといったメインDJと、他の仕事を掛け持ちながら、金曜日に店舗でDJをする場合との二つのパターンにわけ、1日の流れを紹介していきます。

クラブイベントに参加する日の一日

クラブイベントに参加する日のDJ(フリーランス)のスケジュールはこのようになります。

11:00

起床後、仕事のオファーメールなどを確認

12:00

昼食をとる

13:00

今日のイベントでの使用曲を決める
※事前に決めておく人もいれば、その場で決める人もいます

15:00

レコード店で新譜やDJに使用できそうな曲を選ぶ
※ここで買った曲を当日に使用する場合もあります

18:00

他のイベントなどの打ち合わせや顔合わせ

20:00

一旦帰宅して食事休憩。イベントで使う音源をレコードバックに詰める

22:00

会場入り後、主催者、オーガナイザーや知り合いに挨拶まわり

24:00

DJスタート。お客さんのノリや雰囲気、前後のDJとジャンルの掛合い、全体の流れを考慮して選曲

26:00

プレイ終了。来てくれた知り合いや、他のDJたちにも挨拶まわり

28:00

イベント終了。報酬を手渡しで受け取り帰宅。
※振込の場合もあります

店舗での専属(兼業)DJの1日

9:00

起床。仕事関係のメールチェック

10:00

他の仕事へ出勤

17:00

勤務終了。帰宅した後、選曲、着替え

18:00

店舗到着。店主に挨拶を済ませDJブースへ

19:00

お客さんの入りを見ながら、あまり激しくない曲を選曲していく

21:00

お客さんの入りが増えてきた場合、ある程度ノリの良い曲を選曲していき、店内の雰囲気を盛り上げる

23:00

だんだん客数も減り、落ち着いて飲みたい方などが見受けられるようになったら、雰囲気の良い曲を選曲していく。

24:00

閉店。片付けをし、店主などに挨拶を済ませ帰宅。

DJは夜型の生活

クラブイベントや飲食店での仕事は、夜遅い時間帯からスタートするのが一般的です。

店によっては、深夜に始まり朝まで続くこともありますし、主催者やお客さんの手前、自分の出番が終わっても閉店まで残らなければいけないということも多いのです。

昼夜逆転の不規則な生活が続くので、食事や睡眠もどうしてもリズムが狂いがちです。健康管理には十分に気を付けたほうがよいでしょう。

また、全国のクラブイベントに出演する場合は、出張が多くなります。

出演料には宿泊費などが含まれていないことが多いので、できる限り安い交通手段で会場入りしたり、ホテルを取らずに深夜便の高速バスや自家用車のなかで仮眠をとったりすることも…。

ハードなスケジュールをこなせる人が、DJとして業界で長く続けていける人なのです。