中学校教師の志望動機

経験を具体的に

中学校教師を目指す人に限らず、進学や就職など人生の転機で選択する道について、どうしてその道に進みたいのか表明しなければなりません。

教員採用試験でも、受験の際に提出する書類(エントリーシート)や作文・面接試験で志望動機を尋ねられます。

細部こそ異なるにせよ、多いのが「中学校時代に素晴らしい先生に出会い、その先生のような教員になりたいから」といった動機ではないでしょうか。

やはり、理想・目標とする存在がいるかどうかということは、「どんな先生になりたいか」を考えるに当たって大切です。なぜなら、目指す教師像を具体的に述べやすいからです。

その先生の素晴らしいところや、見習うべき点を挙げていくと、自分がイメージする中学校教員が明確になるでしょう。このとき、重要なのは「具体的に」表現するということです。

「恩師が優しい先生だったから」とか「勉強を分かりやすく教えてくれたから」などというような漠然とした説明では、第三者には伝わりません。

どのような場面で、その先生はどんな指導や支援を実践されたのでしょうか。また、なぜその言動が自分の心に響いたのでしょう。書き出してみると、あなたがなぜ中学校教師になりたいと思っているかが分かるはずです。

「合格」を意識した志望動機を

では、採用する側にとってはどうでしょう。どのような受験者を採用したいでしょうか?

文部科学省は、「魅力ある教員」として、次のような資質を挙げています。「教育者としての使命感」は言うまでもなく、生徒に対する「教育的愛情」や生徒の「成長・発達についての深い理解」は、三年間で目ざましい成長を遂げる中学生と接する際に、欠くことのできない資質でしょう。

また、義務教育が完了する三年間ですから、「教科等に関する専門的知識」や「豊かな教養」をもってして、社会に出て困らないような基礎学力やマナーを生徒たちに教授しなければなりません。

そして、そのような資質を基に生徒たちに積極的に関わることのできる「実践的指導力」が求められています。

採用試験を実施する自治体でも、「どのような教員を採用したいのか」という指針を出しているところもありますので、採用試験実施要綱や都道府県市町村のホームページなどを事前に調べることを勧めます。

自分の経験とも照らし合わせ、どのように中学生を教え導くことのできる教師を目指しているのかを考えてみましょう。

「中学」にこだわる理由を

教員を目指しているのであれば、小学校でも高校でも「教員」として働くことができます。なぜ、「中学校」で教員になりたいのか、そのこだわりを説明できますか。

教員志望の人が多く挙げる「子どもが好きだから」という動機も、子どもと接する仕事であれば、保育士でも幼稚園教諭でも塾講師でも良いはずです。

このように、世の中には子どもと関わる職業がたくさんあるのに、あえて多感で難しい時期にある「中学生」と関わる教師の道を選ぶには必ず理由があるはずです。

志望動機には、中学校に対して、また中学生に対して、どのような思い入れ(こだわり)があるのかも盛り込むと良いでしょう。

仕事体験談