調理師のやりがい

料理でお客さまを笑顔にできること

多くの調理師が、この仕事のやりがいとして挙げるのは、「料理を食べた人の笑顔を見ること」です。

ホテルやレストランで働く調理師は、お客さまにとって特別な1日を演出するために、日々料理の腕を奮います。

自分が心を込めて作った料理を食べた人が、目の前で「おいしかった」と笑顔になってくれたり、喜んでくれることこそが、調理師にとって最大の喜びとなります。

また、修行を重ねるうちにさまざまな料理が作れるようになるのも、やりがいを感じる瞬間だそうです。

技術が身につくたび、おいしい料理が作れるようになるたびに、「この仕事を選んで良かった」とやりがいを感じるようになるでしょう。

腕一つでのし上がれる

調理師は、実力が問われる仕事です。そのプレッシャーと厳しさは半端なものではありませんが、努力したらした分だけ、しっかりと結果が出る仕事でもあります。

仕事はきつくても、スキルアップするほどに任されることが増えていきますし、難易度の高い料理も作れるようになります。自分に自信がつけば、仕事はどんどん楽しくなっていくでしょう。

また、自分の「腕一つ」でのし上がれるのも、やりがいを感じる部分です。

腕が良ければ年齢は関係なく、職場で成り上がって料理長を目指すこともできますし、新規オープンのレストランから声がかかることもあるでしょう。

実際、結婚式場の調理師は、腕を見込んで引き抜かれた調理師が務めることが多いようです。

独立開業など、さらなる展開も可能

おいしい料理を作って人を幸せにすることができる調理師の仕事は、とても魅力的なものですが、ただ楽しいばかりではありません。

総合的に見ると、調理の仕事は非常に多忙な反面、給料や待遇にあまり還元されていない職場も多くあります。

新人時代はお金を稼ぐことよりも、どれだけ厳しい環境で修行を積みながら生き残っていけるか。そんな、自分との戦いを続ける日々になるかもしれません。

厳しさに耐え切れずに諦めてしまえばそこで終わりですが、実力次第では、若くしてトップレベルに立てる仕事でもあります。そうなれば、独立し、自分で理想の繁盛店を経営することもできるようになります。

大切なのは、おいしいものを作ること、人を喜ばせることへの飽くなき探究心。

上昇志向が強く、現状に甘んじない人であれば、調理師としての成長を日々感じながら生きていけるはずです。

仕事体験談