夜間や通信で調理師の資格は取得できる?

専門学校の夜間クラス

他業種から調理師を目指す社会人向けに、夜間クラスを設けている専門学校が多くあります。夜間クラスでは昼間は他の仕事をしながら、夜に調理師専門学校に通うことができます。

期間は1年半で、日中1年クラスに通う人と同じ内容を勉強します。授業時間は、大体の学校で18時半〜21時、ないしは22時ごろまでとなっています。

夜間クラスの卒業生には、通常クラスの卒業生と同じように調理師免許が交付されます。また、専門学校で就職の斡旋をしてもらうこともできます。

ただし、昼間働きながら夜間学校に通うことは肉体的にも精神的にもかなりハードです。

途中で投げ出さずにがんばれる気持ちがあるのかどうか、よく考えてから選ぶほうがよいでしょう。

通信教育は調理師試験の勉強用

調理師試験の受験対策として通信教育を利用するという方法もあります。ただし、注意したいのはこの講座だけでは調理師免許は習得できないということです。

専門課程を履修していない人の場合、調理師試験を受験するためには2年以上の実務経験が必要となります。

通信教育ではこの実務経験はクリアできませんので、2年以上の実務経験のある人が使ってこそ意味のある講座といえます。

つまり、2年以上の実務経験を持ち調理師免許の習得を目指している人が、調理師試験のために必要な科目を通信講座で学ぶということが目的となっています。

通信教育は民間会社の他、調理師試験を主催している日本調理師会からも受けられます。

調理師専門学校の通信講座

調理師専門学校の中には、通信講座を設けている学校もあります。ただし、調理師専門校の通信講座は調理師を目指す人向けの講座ではありません。

区分としては料理の技術やレシピを学ぶ講座で、対象者は料理レパートリーを広げたい調理師、飲食業関係者、料理好きな一般人です。

この講座を受講しても調理師免許は発行されないので注意しましょう。

仕事体験談