調理師への転職

調理師へ転職するには

調理師には国家資格がありますが、飲食店などで調理の仕事に携わるとき、絶対に調理師免許が必要というわけではありません。

「調理師」と名乗れるのは免許を持った人のみですが、調理の腕があったり、熱意や意欲が認められれば、誰でも調理の仕事に就くことは可能です。

そのため、異業種からの転職も比較的しやすい部類の職業に入るといえるでしょう。

学歴もさほど問われず、さらに未経験者でも積極的に採用する店は少なくないため、まったく異なる世界で仕事をしていた人が調理師になるようなケースもあるようです。

厳しい現場も多い

ただし、調理の仕事は実力主義かつ師弟関係がハッキリとしている職場が多いです。

たとえ高い学歴を持っていたり、輝かしいキャリアを築いていたとしても、ゼロの状態から飲食業界に入れば先輩に付き、厳しい環境下で修行を積まなくてはなりません。

見習い時代の収入は非常に低いこともありますから、転職の際はそれなりの準備や貯金をしておく必要があるでしょう。

なお、飲食店においては、若ければ若いほうが採用されやすいケースも多いようです。

未経験者の場合、一人前になるまでに何年も修行を積む必要があるため、吸収力のよさなどを考えていくと、どうしても若手のほうが優遇されやすいのが実情です。

現場に入れば年齢関係なく、キャリアが長い人、実力のある人の指示の下に動くことも珍しくありません。

調理師になれば一生安泰?

調理師免許の取得方法は、調理師の養成施設(専門学校・短大など)を卒業する方法と、調理の仕事に従事して2年以上の実務経験を積んだうえで、国家試験を受験する方法の2通りがあります。

そのため、先に専門学校などで学んで調理師免許を取ってから就職することもできますが、調理の仕事をスタートするときに、免許を持っていることが大きく優遇されるケースはさほど多くないようです。

なかでもいわゆる「料理人」の道を目指していくのであれば、免許取得を最優先にするよりも、いち早く現場に入って経験を積んだほうがよいでしょう(ただし、老人福祉施設や学校、保育施設などの各施設で調理の仕事に就きたい場合は、調理師免許を必須とする場合もあります)

確かな腕がある料理人は一流店から声がかかりますし、自分で店を開いて生きていくこともできます。

逆にいえば、いくら調理師免許を持っていたとしても、それだけで一生安泰だと安心することはできません。

調理師になってからも日々鍛練を重ね、技術の向上に励む必要があります。

仕事体験談