調理師の現状と将来性

努力次第で上を目指せる

調理師は拘束時間が長く給料も安い仕事です。店によっては朝早くから夜遅くまで働かなければなりません。しかし、そこを乗り越えベテランの域に達すると、任される仕事が増えて給料も上がります。

また、腕の良さ次第では引き抜きにあい、旅館や料理屋、結婚式場などで働くこともあります。その場合、給料や勤務条件は同年代に比べると比較的好条件となります。

拘束時間が短い仕事もある

調理師の中には、料理人ではなく学校給食の調理師や企業や病院、福祉施設の調理師となる人もいます。こういった職場は給料こそあまり多くないものの、拘束時間が短く働きやすいという利点があります。

ただし、配膳時間の3時間ほど前には料理を作り始めなければならないため、朝食調理のシフトがある職場の場合は早朝4時台に出社することも珍しくありません。

技術があれば職には困らない

調理師は雇われたままで終わるか、技術を身につけて最終的に独立を目指すかで将来性が大きく変わります。

ただ、いずれにしろ、技術があればいくらでも仕事に就ける職種なので、就職口には困りません。そのため、転職を重ねる人も多くいます。

また、開業をする場合も、小規模店舗から大きなレストラン、弁当販売、ケータリングサービスなど、展開の方法に幅広い選択肢があります。

独立資金を大きく取れない場合は、自宅を改装してこじんまりと始めることも可能で、独立開業へのハードルが比較的低い職業になります。

調理師の今後

外食産業が発展した現代では、調理師の需要は今後もなくなることはないでしょう。

しかし、冷凍食材の増加、コストとの戦い、サービス残業の増加など、調理師を取り巻く環境は年々厳しくなり、待遇面の改善は見込めないといわれています。

そのため、料理が好きでやりがいを感じ、将来的な夢や目標を持つ人でないと長続きしない世界であることは今後も変わらないでしょう。

仕事体験談