調理師に向いている人、適性

調理師に必要なもの

一般的に調理師は体力勝負でかなりハードな仕事です。

店によっては朝早くから夜遅くまで休みなく働く必要があり、重い食材や調理器具を持つこともあるため、体力があることが第一条件になります。

また、どんなときでも忍耐強くがんばらなければなりません。

とくに最近は忍耐がなく修行の途中で挫折する人が増えているといわれています。

調理師としてやっていくには、入って数年間の下積み期間をぐっと耐えて乗り切る忍耐力が必要となります。一人前の料理人になるという強い意思が大切です。

店によっては必ずしも先輩が丁寧に教えてくれるとは限りません。料理を作ることが好きであるだけでなく、向上心と探究心を持って常に学ぶ姿勢が必要です。

しかし、何よりも必要なのは「料理をすることが好き」「自分の作った料理を誰かに食べてほしい」という気持ちです。この2つの気持ちがあれば、それを支えにつらい時期を乗り越えることができるでしょう。

調理師の最低条件

調理師に向いているのは、基本を疎かにしないきっちりとした性格と確かな味覚の持ち主です。

料理人としてやっていく上で、この2つは最低条件。ここが曖昧では料理人として独り立ちしたときに非常に苦労することになります。

また、これ以外にも勉強熱心であること、センスが良いことなども料理人としてやっていく上で大きな武器になります。

美味しい料理を作りたい、お客を喜ばせたいという気持ちを持ち、創造力を豊かにし、仕事をすることが大事です。

どんな人が向いているか

調理師の世界は縦社会です。先輩が言ったことには不満があっても従わなければなりません。

とくに新米の頃は仕事内容、先輩の要求ともにかなりハードです。しかも、それをこなさなければ上には上がれません。

向いているのは、多少理不尽なことがあっても粘り強くがんばれる人、夢を持ち続けられる人。また、体育会系の部活経験のある人も、縦社会の気質になじみやすく向いています。

仕事体験談