調理師の心がまえ、大切なこと

「食」への飽くなき探究心と信念

調理師にとって大切なのは、日々調理の技術を磨くことはもちろんですが、その基本は「食」にどれだけ強い思い入れを持てるかということです。

誰かに「こうしなさい」と言われる前に、自分自身で日々、食材や調理法、衛生管理などについての研究を重ねていく。

そうしたことが自然とできる人でなければ、なかなか調理師として成功するのは難しいでしょう。

調理師は人気の職業であるため、次から次へと有望な人材が出てきます。競争の厳しい職場においては、「こいつは知識がない、使えない」と判断されれば、簡単に首を切られてしまうこともあります。

そういった中で「一流の料理人」と言われるような存在を目指していくのであれば、「自分はこういう料理を作るんだ」という信念を持ち、それに向かって真剣に努力を続けることが、とても重要になってきます。

ただ調理をするだけなら素人でもできること。

だからこそ、「自分の料理でお客さまを笑顔にしたい」「感動を与える料理を生み出したい」といった情熱こそが、調理師として成長していくための原動力になるのです。

厳しさは当たり前だと考える

調理の仕事は、経験と技術こそがモノをいう世界です。そのため、一人前になるまではつらいこと、大変なことのほうがずっと多いと考えておいたほうがよいでしょう。

飲食店に勤める場合、一般的な会社に就職するのとは、だいぶ異なる生活を送ることになります。

見習時代は給料をもらいながら仕事を覚えていきますが、最初は雑用的な仕事がほとんど。

また、上下関係の厳しい世界であるため、先輩に怒鳴られながら何とかついていくといったように、心身ともにハードな日々を過ごすことになるかもしれません。

こういった現実を知らないまま、「何となく楽しそう」「なんでもいいから手に職をつけたい」といった安易な気持ちで仕事を始めた場合、現状に耐え切れず、あっという間に辞めてしまう人が大勢います。

いま第一線で活躍中の料理人たちも、多かれ少なかれ、みんな下積み時代を乗り越えて一人前になっています。

厳しい世界ではありますが、「必ず一流になってみせる」という覚悟があれば、ちょっとやそっとのことで簡単に夢をあきらめてしまうことはないはずです。

仕事体験談