調理師の資格・免許

調理に関する資格として最も有名なものの一つが「調理師」ですが、実は調理師でなくても飲食店で働いたり、お客さまに料理を提供することは可能です。

しかし、「調理師免許」を持っておくことで「私は調理師です」と名乗ることができるようになるほか、調理の知識が一通りあるとみなされることで就職時に有利になったり、お客さまからの信頼を集めやすくなります。

ここでは、そんな調理師免許の取得方法について紹介していきます。

養成施設に通うことで取得する

一つ目に、「学校に通う」という方法が挙げられます。

調理師になるための学校として代表的なのは、全国に数ある調理師の専門学校です。この専門学校に1年以上通って学べば、卒業時に調理師免許が自動で交付されます。

また、数は多くありませんが、高校や短大の中には卒業時に調理師免許が取れる「調理科」という専門クラスを持つ学校もあります。

これらの学校では、高卒や短大卒の学歴を得ると同時に調理師免許も取れるため、人気を集めています。

学校に通わずに免許を習得する

調理師は、さほど学歴が問われる仕事ではありません。極端なことをいえば、たとえ中卒であっても、修行を積んで若くして一流調理人として活躍している人も大勢います。

専門学校などに通わずに調理師免許を習得したい場合は、実務経験が必要になります。飲食店で2年以上の実務経験を重ねることで、調理師国家試験の受験資格が得られます。

なお、証明書さえもらえば、複数の店で働いた期間を合算することも可能です。

ただし、調理師試験に合格するためには、栄養学や食品衛生学、食物理論などの知識が必要になります。

そのため、専門学校などに通わない場合、試験対策として通信教育を利用する人も多いようです。

調理師の資格

将来、独立して自分の店を持ちたいと思った場合は「食品衛生責任者」という資格が必須となります。

しかし、調理師免許を取得していれば、あらためて食品衛生責任者の資格を得る必要はないため、調理人としての経験を積む中で調理師資格を得る人もいるようです。

なお、「ふぐ調理師免許」については、調理師免許を持っていないと受験することができません。

調理師以外の資格

調理師以外にも、食に関する資格はたくさんあります。

たとえば

・栄養士、管理栄養士
・野菜ソムリエ
・食育インストラクター
・食品技術管理専門士
・調理師要請施設助手
・レストランサービス技能士
・フードアナリスト
・製菓衛生師
・介護食士
・調理技能士

など、民間資格・国家資格ともに、さまざまなものがあります。

どの資格も現場で求められることはさほど多くないため、資格取得を第一に考えるよりは、現場でしっかりとした技術や経験を積むことを意識したほうがよいでしょう。

ただし、資格を持っていることで就職の際にややプラスの評価になったり、いざ仕事を始めてから、資格の勉強を通して学んだことが生かせる機会もあることでしょう。

仕事体験談