調理師になるには

調理師になるには

調理師免許を取得する方法は2つあります。

1.調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上勉強し卒業することによって、無受験で調理師免許を取得することができます。
2.飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格することによって調理師免許を取得することができます。

調理師試験の難易度、合格率

1.2のどちらのルートも一長一短です。調理師学校では料理の基礎から学ぶことができますが、調理師学校に行かなくても実務経験があれば、調理師試験を受けることができます。

現場に出た時にものを言うのはやはり実務経験です。

学校で習う知識は確かに大切ですが、免許の有無に関わらず就職後は下積みの雑用係からスタートします。免許を持つことで就職のチャンスが広がる可能性もありますが、それに捉われる必要はありません。

中卒で未経験者可の求人を探し、下積みから始めて2年後に調理師免許を習得するという方法もあります。

調理師専門学校に行く

和食やフランス料理、イタリア料理など特定料理の調理師を目指す場合は、調理師専門学校に行くことで、上位の資格習得や海外留学のチャンスが生まれるなどといった恩恵を受けることができます。

幅広い経験を積みたい場合やホテルやレストラン、福祉施設などで働きたい場合は、調理師専門学校に行くことを考えるとよいでしょう。

調理師専門学校以外の学校

専門学校に行く以外にも、高校や短大などの調理科を卒業すると調理師免許が交付されます。

高校や短大に行きながら資格を取りたいという人には、こちらがお勧めです。

先に免許を取らなくてもよい

飲食関係に勤務するすべての料理人が調理師免許を持っているわけではありません。持たずに何年も仕事をしている人も多くいます。

また、ラーメン店、そば職人、すし職人などの場合は、調理師免許を取るよりも、見習いとして就職し、経験を積んだほうがよい場合もあります。

調理師になるためには、学校に行くことだけが道ではありません。2年間の実務経験があって試験に合格すれば、専門過程を履修しなくても調理師になることができます。

実際、料亭や料理屋に見習いから入り、後で調理師の資格を取る人も多い業界です。

調理師の今後の見通し

不況により、外食が減ったり、リーズナブルなファミリーレストランへと客が流れている状況ですが、おいしい物を食べたいという「食」に対するニーズは今後も変わらないでしょう。

また、世界中で和食の人気が高まっています。日本の料理人が海外で活躍することが今後ますます増えていくと考えられます。

飲食店営業所数の推移

飲食店営業所は若干ですが減少の傾向にあります。平成26年度の飲食店営業所数は1,422,809件でした。
飲食店営業所数の推移_26