調理師のつらいこと、大変なこと、苦労

勤務時間が長いのは当たり前

調理師として仕事をする中で一番大変なのは、やはり勤務時間の長さです。飲食店の現場では早出残業は当たり前で、しかも手当てはつかないことがほとんどです。

とくに、入って数年のうちは朝早くから夜遅くまで作業があり、プライベートがほとんどないといわれます。

重い食材を運んだり、立ちっぱなしで作業をしたりと、体力を使う仕事ですので、腰痛を抱えていたり、肉体的に厳しいという人も多くいます。

衛生管理に気が抜けない

近年、飲食業界は衛生管理に厳しくなってきました。厨房の衛生管理はもちろんのこと、食品の賞味期限、正しい下処理。そういったものに一時たりとも気が抜けないのが調理師です。

もし調理師がいい加減に食材を扱っていたら、食中毒が起きてしまうかもしれません。しかも、食中毒を起こすと食の責任者である調理師は1年間の免許停止措置を受けてしまいます。

もちろん、免許停止措置を受けたからといって仕事ができないわけではありません。しかし、その調理師が店の食品衛生責任者になっていた場合は、免許がない1年の間、食品衛生責任者を別に置かなければならなくなります。

店にとっても本人にとっても大きな損失となるので、衛生面には気を抜けません。

コストカットを考えなければならない

今は飲食業界でもコストカットの波が激しく、調理師は常に材料との戦いです。本当はもっといい材料を使いたいのに使えない。そんな中でも美味しい料理を生み出さなければなりません。

店によってはコスト計算が調理師の仕事になっているところもあり、調理師の負担は昔に比べて増えているといわれています。

忙しい時は秒刻みでの作業

ランチタイムやディナータイムなど店が繁盛する時間帯は、調理師は秒刻みで時間との戦いになります。忙しいときは食事をしている暇などなく、朝から晩まで働き通しということもあります。

また、ホテルやレストランの場合は、ディナータイムの関係で勤務時間が深夜に及ぶこともしばしばです。

仕事体験談