女性の調理師

女性でも調理師として働ける?

調理師というと、男性がバリバリ活躍するイメージが強いかもしれません。

しかし、実際には女性の調理師も多くおり、一流シェフや一流の料理人として、メディアに取り上げられたり、世界に活躍の場を広げる女性調理師の活躍も目立っています。

飲食業界はハードな現場も多いことで知られていますが、そのような中でも調理師に関しては、男女が同等に扱われる世界です。

男性でも、女性でも、とにかく経験を積んで実力を付けた人がのし上がっていけるのです。

「女性だから勤務時間が短縮される」「女性だから重い調理器具は持たなくていい」といった配慮がなされることはありませんし、男性と同じように立ちっぱなしで、体力勝負の仕事をしなければなりません。

その現実をしっかりと受け止められる人なら大丈夫でしょうが、「女性だから少しは楽できるはず」などと甘く見ていると、いざ仕事を始めてからつらい思いをすることになるかもしれません。

女性にとって働きやすい職場は?

全国に数多くある飲食店の中には、1日12時間を超える勤務を毎日続け、休日も週に1日とれるかどうか…といった非常に厳しい職場もあるのが実情です。

どれだけ料理への情熱があり、体力自慢の女性がいたとしても、プライベートをすっかり犠牲にして働き続けるのは、なかなか厳しいと感じるはずです。

また、結婚をしたり、育児をしながら働くとなれば、より家庭と仕事をうまく両立させられる勤務先を探すことが必要になってくるでしょう。

比較的負担の少ない環境で調理師のスキルを生かしたいのであれば、労働時間が長くなりがちなレストランなどの飲食店よりも、福祉施設や学校の給食センター、あるいは企業内の食堂などに勤めるほうがよいでしょう。正社員として働けば収入も安定します。

あるいは、パートで惣菜専門店、スーパーの厨房、弁当屋、カフェなどに勤めたり、独立して料理教室を開いたり、小料理屋を開業するような人もいます。

調理の腕がある人はさまざまな現場で重宝されるため、自分の希望する働き方で仕事を続けることもできるでしょう。