調理師の1日

調理師の一日

調理師の一日は、勤める場所や役割、立場によって異なります。参考として、いくつかの業務形態の一日を紹介します。

レストラン勤務の調理師

レストラン勤務の調理師の一日は朝早くから始まります。たいていの場合、早番と遅番がありますが、基本的には拘束時間は長めです。

また、早番と遅番で時間が分かれているところもありますが、早番と遅番の違いがはっきりとしていないお店も多くあります。

レストラン勤務調理師の1日の例

7時     店に行き、調理の下準備開始(雑用担当、早番担当)
9時     他の調理師が出勤
9時〜11時 ランチタイムに向けた仕込み
11時〜14時 ランチタイム、調理場ではフル回転で調理
14時〜15時 昼休憩(まかない食を食べながら、夜に向けたミーティング)
15時〜18時 ディナータイムに向けた仕込み
18時〜22時 ディナータイム、調理場ではフル回転で調理
22時〜23時 店舗業務終了、まかない食を食べながら全体ミーティング
その後、遅番の人は後片付けをして業務終了

チェーン店勤務の調理師

チェーン店勤務の調理師の1日は、レストラン勤務の調理師よりは拘束時間が短く、勤務時間が短めの場合が多いといわれます。

また、チェーン店の場合は、調理補助として雑用係が雇われていることも多く、調理のみに専念できるという特徴があります。

チェーン店勤務調理師の1日の例

16時    出勤
16時〜18時 仕込み開始
18時〜23時 営業時間
23時〜   後片付け

病院などの調理師

病院などに勤務する調理師の場合、メニュー表に沿って調理をします。

病院などの調理師

早番
5時〜  出勤、調理開始
7時半  配膳完了
9時〜  皿洗いと後片付け、昼食の準備
11時半 配膳完了
13時  皿洗い
14時  勤務終了

遅番
10時  出勤、調理開始
11時半 配膳完了
13時  皿洗い
14時〜 夕食の準備
17時半 配膳完了
19時  皿洗い、後片付け後、勤務終了

仕事体験談