調理師になるための費用、学費

調理師学校に通う場合

調理師免許を取得するための方法のひとつが、調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上の勉強をして卒業することです。

この場合、調理師学校の学費が必要になります。

調理師学校は全国にたくさんあり、各校で学費も異なりますが、入学金や授業料、実習費用などを合わせると、1年間で200万円程度が相場となっているようです。

なかには夜間の学校もあり、そこは昼間の学校よりも学費は若干低めに設定されており、年間100万円~150万円程度となっています。

調理師学校ではある程度まとまったお金が必要になりますが、調理の知識や技術を効率的に身につけられるほか、学校によっては調理師以外にも、食に関するさまざまな資格の取得を目指すことができます。

学校に通わずに調理師免許を取得する場合

調理師免許を取得するもうひとつの方法として、調理師学校に通わずに、飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格することが挙げられます。

この場合に必要な費用は、どのように試験勉強をするかによって変わってきます。

たとえば、講座に通ったり、通信講座を利用したり、あるいは独学で勉強することもできます。

調理師資格指導協会で実施している調理師免許講座は、全4回で28,000円となっています。

通信講座はものによって異なりますが、5万円前後のものが多いようです。

また、独学の場合は市販の参考書や問題集を購入することになるでしょうが、数千円~1万円程度で勉強することが可能です。

いずれの場合も、調理師学校に通うよりは、だいぶ費用を抑えることが可能です。

調理師試験の受験料および申請料

調理師試験の受験費用は都道府県によって異なります。

平成29年度に実施される東京都の試験の場合は、6,300円となっています。

このほか、申請登録の際の手数料として5,600円が必要になります。

地域によって必要書類等が異なる場合があるため、申請時によく確認してください。