派遣の調理師

派遣の調理師の仕事内容は?

現代では、さまざまな業界や業種において「派遣」という働き方が一般的なものになっていますが、調理師の世界でも例外でなく、派遣として活躍する調理師も少なくありません。

派遣の調理師の働き方は、おもに以下のようになります。

まず、調理師としての知識や技術を持っている人が、調理師派遣サービスを手掛ける人材派遣会社に登録をします。

一方、調理師を求める企業や飲食店は、人材派遣会社に対して「こういうスキルのある調理師を派遣してほしい」と依頼を出します。

すると、人材派遣会社は双方の希望条件などを確認したうえでマッチングを行います。

マッチングされた調理師は、派遣先の企業や飲食店に出向き、そこで力を発揮するというスタイルです。

派遣の調理師として働くには

派遣の調理師として働きたい場合、そのようなスキルを求めている人材派遣会社に登録を行うのが一般的です。

最近では、飲食業界や調理師に特化した派遣サービスを提供する人材派遣会社も出てきています。

派遣会社によってサポート体制は異なります。

できれば専属コーディネーターがおり、勤務開始前後にしっかりとフォローしてくれるところや、豊富な案件を抱えているところを選ぶとよいでしょう。

なお、派遣登録の際には、調理師の免許や経験を持っていなくてもOKの場合も多いようです。

派遣として働くメリット・デメリット

派遣として働くメリットは、まず就職先の勤務体系に沿って働かなくてはならない正社員とは違い、自分の希望の時間や日数で働きやすいということが挙げられます。

また、時給は都市部で1,000円~1,400円程度が相場のようですが、スキルや経験を積んでいるとさらに高時給が望めることもあります。

とくに調理の仕事の場合、調理師免許の有無によって時給に違いが出ることが多く、免許を持っていると優遇されるでしょう。

さまざまな職場を経験しやすいため、スキルアップを希望する人があえて派遣で働くこともあります。

一方、派遣のデメリットとしては、正社員に比べると適用される福利厚生や各種制度など、雇用条件が不安定である場合が多いということです。

ただし、一定以上の勤務時間などの条件を満たせば、社会保険に加入できる場合もあります。

また、派遣は決められた期限での勤務となり、期限が切れた場合、契約更新とならない場合もあります。

経歴やスキル、希望条件などによっては、すぐに次の仕事を紹介してもらえない場合もあります。

仕事体験談