調理師になるための専門学校

1年通えば調理師免許が発行される

調理師免許を習得するための近道は、調理師専門学校に1年以上通うことです。調理師専門学校に1年以上通うと、試験をしなくても調理師免許がもらえます。

これは調理師専門学校で学んだことで、調理に対する一定の技術や知識があると判断されるからです。

調理師以外の資格も目指せる

調理師専門学校に行くことで、調理師免許の他に食に関するさまざまな資格の習得を目指すことができます。

目指すことのできる資格は学校によって異なりますが、

・食育インストラクター
・食品技術管理専門士
・調理師要請施設助手
・製菓衛生師
・ふぐ調理師免許

などの資格が習得できます。

また、調理師専門学校卒業生には、専門調理師試験の学科試験が免除されます。

多様なクラスがある

専門学校には1年クラスと2年クラス、夜間クラスがあります。

専門学校の1年目では、調理実習の他に、食文化概論や衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論を学びます。

これらは食に関わる人間として知っておかなければならない大切な内容です。

2年クラスでは、社会に出て即戦力となれるように専門的な技術を学びます。

また、中には特別授業として寿司の握り方や洋酒の勉強、茶道や陶芸の知識を教える学校もあります。

学ぶ内容については、学校によって特色があるので、専門学校を希望する人は複数の学校を下見することが大切です。

なお、夜間クラスは1年クラスと同じ内容を1年半かけて勉強します。こちらは、昼間仕事を持つ社会人の人が多く在籍しています。

専門学校以外でも調理師免許が取れる学校

調理師専門学校以外にも、卒業時に調理師免許が取れる学校があります。それは調理科のある高校、短大です。

高校や短大の調理科に進学すれば、1年以上の専門課程を履修したと見なされ免許が交付されます。

高校や短大では、調理以外の一般教養なども勉強しますから、学生生活を楽しみながら免許を習得することができるでしょう。

仕事体験談