調理師とパティシエの違い

「調理師」と「パティシエ」。どちらも食に深く関わる人気の職業ですが、それぞれの仕事の違いはどのようなところにあるのでしょうか。

ここでは、調理師とパティシエの仕事の特徴と役割、両者の違いについて紹介していきます。

パティシエは洋菓子の専門家

調理師は、幅広い料理の知識や技術を持った調理のプロフェッショナルです。一言で料理といっても、和食、洋食、中華…など、そのジャンルはさまざま。

得意分野を生かして日本料理店に勤める調理師もいれば、フランス料理店、中華料理店で腕を振るう調理師もいます。

飲食店やレストラン、ホテルなどのほか、惣菜店、スーパー、あるいは病院や福祉施設、学校など「食」を提供する多様な場所で活躍しています。

一方、パティシエは、料理の中でもケーキを代表とする「洋菓子作り」の専門家です。繊細な技術が求められる製菓作りの基礎をきちんと身に付け、人々に笑顔と感動を与えるお菓子を生み出していきます。

パティシエの場合、レストランやカフェ、ホテル、パティスリーなどが、主な活躍の場となります。

どのような働き方をするかによりますが、調理師に比べると「製菓」に限定するといった点で、より専門性の高い仕事といえるかもしれません。

パティシエの仕事

資格の取得方法

調理師とパティシエには、それぞれ関連する資格(免許)が存在します。

・調理師:調理師
・パティシエ:製菓衛生師

これらの資格の特徴は、資格を取得していない人が「調理師です」「製菓衛生師です」と名乗ることは認められないという点にあります。

ただし、資格を持っていなくても、レストランや洋菓子店で勤務することは可能です。

調理師、製菓衛生士の資格は「名称独占資格」というものであり、資格のない人が名乗ることは許されないものの、医師や弁護士と違って、免状がなければ関連する業務に携わることができないというものではないのです。

そのため、これらの資格を持たないまま店で修行を積み、第一線で働く調理師やパティシエがいても何らおかくはありません。

なお、独立開業する際には「食品衛生責任者」の資格が必須となりますが、この資格は、調理師や製菓衛生師を持っていれば取得が免除となります。

そのため、経験を積む中でタイミングを見計らい、調理師や製菓衛生師の国家試験合格を目指す人も多くいます。

なお、調理系の専門学校の中には、調理師とパティシエの両方について同時に学べるところもあります。

仕事体験談