調理師免許とは?

「調理師」と名乗るための免許

調理師免許とは、「調理師」と名乗って仕事をするうえで必須となる国家資格です。

調理師法に基づき都道府県知事が行う調理師試験に合格し、各都道府県の調理師名簿に登録されると、調理師と名乗ることができます。

しばしば誤解されますが、レストランなどで調理の仕事をするうえで、調理師免許の取得は必須ではありません。

調理師免許がなくてもお客さまに料理を提供できますし、店の開業も可能です。

ただし、無免許で「調理師」と名乗れば法律で罰せられるため、その点には注意が必要です。

調理師免許を取得するメリットは?

調理師免許がなくても調理の仕事はできますが、ここでは調理師免許を取得するメリットを挙げてみます。

・調理に関する専門知識が身につく
・調理師としての技術や技術があることを証明できる
・就職先の選択肢が広がる

調理師免許がなくても働ける飲食店は多々ありますが、一方で、調理師免許を保有していることを採用条件とするところも少なくありません。

そのため、調理師免許を持っていれば就職先の選択肢が広がります。

また、調理師免許取得のための勉強課程で、調理の正しい知識が身につくこともメリットといえるでしょう。

調理師免許を持たずに開業する人も

独立開業している調理師でも、調理師免許を持っていない場合があります。

若いうちから飲食業界に入り、師匠の下で何年も修行を積んで実力を磨いていき、いざ独立という道筋をたどってきたような人の場合、特別に調理師免許を持っていなくても腕は確かということはよくあります。

調理師免許は国家資格ではありますが、開業するためのものではなく、調理人としてさらなるステップアップを目指す人が取得するケースが多いようです。

ただし、調理師法の改正によって、最近では「飲食店で調理師免許を置くように努めなければならない」といった努力規定が設けられるようになっています。

今後、飲食業に携わるうえで調理師免許取得が義務化される可能性もゼロではありません。