病院の調理師

病院の調理師の仕事内容

病院では、入院患者さん向けに給食を作り、提供するために、多くの調理師が活躍しています。

管理栄養士や栄養士があらかじめ作ったメニューにしたがって、患者さんの健康をサポートするための食事を、朝、昼、晩と交代しながら作っていきます。

病院では、糖尿病患者さん向けのカロリーを控えた食事、嚥下が難しい患者さん向けの流動食など、メニューの種類はいくつにも分かれ、また大量に調理をすることになります。

病院の調理師は、その日に提供する食事はその日に調理していき、決められたシフトに沿って働くために残業はめったにありません。

同じ調理師であっても、飲食店勤務の調理師とは仕事内容や働き方に違いがあるといえます。

病院の調理師として働くには

病院の調理師は、各病院に直接雇用される場合もあれば、給食委託会社に勤務して派遣のような形で病院で働くこともあります。

また、雇用形態は正社員(正職員)としての採用のみならず、パートとしての勤務も可能です。

パートの場合、正社員が調理する料理の調理補助や盛り付け、洗い場などの業務を担当することが多いようです。

採用条件は病院などによって異なりますが、調理師免許の保持が掲げられていることが一般的です。

仕事のやりがいと苦労

病院の調理師にとっての一番のやりがいは、患者さんから「おいしかった、ありがとう」の声が聞けたときだといいます。

また、病院では栄養士、調理師、その他の従業員など、多くのスタッフが協力・連携して給食を提供するため、チーム一丸となって頑張っていくことにやりがいを感じる人もいるようです。

一方、苦労することといえば、大量調理を行うために体力勝負の一面があることです。

大きな鍋を持ったリ、重い食材を持ち運んだりすることも多く、考えている以上に身体の疲れを感じるかもしれません。

また、給食は年間を通じて提供するため、ゴールデンウィークやお盆など世間の連休時に休みにくいというのも大変なところです。

仕事体験談