調香師のつらいこと・大変なこと・苦労

無から香りを作り出す苦労

数千種類もの香料を巧みに組み合わせて、新たな香りを開発するのが調香師の仕事です。

何もない状態から始まり、知識や経験、センスなどの全てを総動員して新しいものを作り出すことは当然容易なものではありません。

思い通りにいかないのは当たり前、さらに苦労して完成させてもさんざんな評価をされ、また始めからやり直しなどということも頻繁に起こります。

しかし、研究者として最良の結果を追い求めることは大きな喜びであるともいえます。

やりがいと背中合わせの苦労に調香師たちは日々さらされているのです。

香料の把握は骨が折れる

前述の通り、調香師の扱う香料は数千種類にも上ります。さらに組み合わせたものも含めると正確な数を表すことはほぼ不可能です。

また、時代に応じて香料にも流行があり、その種類も増えていきます。

これを把握し、特性を理解することは大変な苦労であるといえるでしょう。

コンディションが嗅覚に影響する

調香師が頼るものは自らの嗅覚しかありません。

嗅覚は体調に大きく影響されるため、調香師は体調管理には万全を期す必要があります。たとえ軽い風邪であっても命とりなのです。

また、寝不足や疲労なども嗅覚を鈍らせる要因になりえるため、調香師は規則正しい生活を送ることが望まれます。

女性の調香師の場合、ホルモンバランスの変化が大きく嗅覚に影響してしまうため、自身のコンディションを考えながら作業をしていかなければならないという苦労もあります。

奥深い調香の世界に翻弄される

人よりも冴えわたる嗅覚、膨大な数ある香料に関する深い知識と理解、そして類まれなるセンスを持ってしても調香の世界は奥深く、ゴールの見えないものです。

たとえばAという香りに、Bという香りを加えてハッとするほど良い香りになったとします。

そしてその後、良かれと思って加えたCという香りによって、それまでの良い香りが全く駄目になることも多いのです。

こればかりは、試してみなければ分からないという側面が強く、調香師は常に試行錯誤を繰り返すことが要求されます。

そのため、ときには一つの香りを調香するために何日もかかることもあるようです。