ショコラティエのやりがい

甘くて幸せな時間を届けたい

優しい甘み、カカオの深い香り、艶やかな色、美しい形…。小さな一粒にたくさんの魅力がぎゅっと詰まったチョコレートは、人々を笑顔にする不思議な力を持ったお菓子です。

クリスマスやバレンタインデーのような特別な日の特別な時間を彩ってくれることもあれば、仕事や勉強で疲れてちょっとブレイクしたいときに心と体を癒してくれることもあります。

とくに女性には熱烈なチョコレートファンも多く、「チョコレートがいつも手放せない」という人や「全国のチョコレートショップから美味しいチョコレートのお取り寄せをするのが趣味」という人もいるほどです。

このように多くの人々から愛されているチョコレートを作ることは、ショコラティエにとっての大きな幸せです。

自分の作るチョコレートを待ちわびて笑顔で食べてくれる人がいるということは、何よりの喜びになっています。

大切な人へのギフトとしてチョコレートを贈るお客さんに出会えると、自分の作るお菓子が人と人の心をつなぐ架け橋となっていることに感動するそうです。

その想いが、日々の仕事を支えてくれるといいます。

世界でひとつのチョコレートを

ショコラティエの魅力は、クリエイティブな仕事ができるというところです。

どんな味の、どんな形の、どんな香りのチョコレートを作り出したいのか、ショコラティの頭の中にはいつだって新しいアイディアが溢れています。

そのアイディアを実現させるために何度も新商品を試作してみるのは、大変だけどとても面白い作業です。

理想とするチョコレートを作り出すまでには長い時間がかかりますし、たくさんの挫折を経験することもあるでしょう。

それを乗り越えて、世界でひとつだけの自分の想いが凝縮されたチョコレートを生み出すことができたとき、ショコラティエにしか味わうことのできないやりがいを手に入れることができるのです。